無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

03.彼女?
慎
壱馬さん、壱馬さんっ
壱馬
壱馬
んー?
慎
見てくださいよ、これっ!
(LINEのトーク画面を見せる)
壱馬
壱馬
近い、見えん。(離れて見る)
……彼女?
慎
ちっ、違いますよ、彼女なんて
壱馬
壱馬
嬉しそ〜
北人
「え、まこっちゃん彼女出来たの?」

RMPG
「まじ?!」

翔平
「だーれだっ」
慎
違いますよっ(今はまだ…)
この間の、カフェの子です
壱馬
壱馬
おー!いつの間に!
慎
偶然会ってそれで、交換してもらって
RMPG
「ずるっ!俺もほしー!」
壱馬
壱馬
俺もー
慎
ええっ
壱馬
壱馬
(まっどうせくれないだろうし…)
カフェ行くか、会いに
RMPG
「いいねぇー!!」

RIKU
「次の取材終わったら、2時間空くよね」

北人
「じゃあそん時に交換してもらおー」

RMPG
「おー!!」
◇隣の三代目JSBの楽屋◇
広臣
広臣
なんであんなに盛り上がってんだ?
剛典
剛典
若いっすね←

next→
カノジョにかかってきた電話。相手は…?