無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

お買い物
あなた

ゆ、ゆーちゅーばー!?

たーぼー
たーぼー
え、言ってなかったっけ?
あなた

聞いてないです!

たーぼー
たーぼー
あら、なんかごめんね。
あなた

いえいえ。でも驚きました。

たつき
たつき
だよなー‪w
りぼん
りぼん
いちおう俺ら7人でYouTuberやっててさ、まぁ、いつか話そうとは思ってたんだけど‪w
あなた

YouTuberなんて凄いですね!

きょーへー
きょーへー
まぁ、そんなわけでお金のことは心配要らないから。
あなた

.......じゃぁ、今回だけお言葉に甘えて。

だいき
だいき
まかせとけ✧(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑✧
あなた

あ、でも!いつか絶対お返しするので!

ノリ
ノリ
あのさぁ、あなたはまだまだ子供みたいなもんなんだからここは大人に甘えとけって。
あなた

あ、ありがとうございます…///

せーぎ
せーぎ
じゃ、そろそろ行きますか。
あなた

はい!