無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

679
2021/09/21

第9話

96猫side




96猫
96猫
こんにちわ!!JKさん!
わしは女子じゃよ〜返事しておくれ〜!!
あと3秒数えて返事なかったらそっち行くからね〜!!!
3、2、1!!!!!!!!
ガチャ






96猫
96猫
…………え?






_目の前には湯船に顔を埋めている女の子









ろうかからまふくんの声がきこえるが聞き取りづらく感じる








96猫
96猫
まふくんッ!!!!!!!!!!!!!!早く大きめのタオル!!!!!!!!急いで!!!!!!!!







私は今までに出したことのない声をだした。まふ君は驚いただろう。









とりあえず浴槽の栓を抜いた









まふくんがもってきたタオルを身体に巻いて浴槽からだそうとする









けど私は小さい。だから仕方なくまふくんにお願いしてだしてもらい床に寝かした









息をしていないこの子は危ない状態。









私は中・高と習った人工呼吸をした









_数十分後_



(なまえ)
あなた
ンッ…ゴホッ…………ハァハァ……………フゥ………ス-ス-
96猫
96猫
よし…………呼吸は戻った……このまま休ませておこう
 相川真冬
相川真冬
96ちゃん!!泣泣ホントにありがとう!
96猫
96猫
いやー怖かった〜笑笑じゃ、服ここに置いとくから帰るわー
 相川真冬
相川真冬
え?彼女はいいの??
96猫
96猫
もう充分!!まふくん!彼女のことは頼んだぞ〜!!!!!!さらば!
バタン







 相川真冬
相川真冬
ホント明るい人だな………………けど助かったぁ……………








_96ちゃんが来てなかったら今ごろ…………








(なまえ)
あなた
スゥスゥ
 相川真冬
相川真冬
ねぇ君は1人じゃないんだよ僕が守ってあげるから

……今だけは…おやすみ