無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

859
2021/08/23

第5話

また🔞入るかも









(なまえ)
あなた
うそ…だよね……?もう一人にしないって言ってくれたよね………?
モブ男
モブ男
え?あぁ、そんな事言ったんだっけ笑
(なまえ)
あなた
おぼえて…ないの…………?
モブ男
モブ男
そんなどうでもいい事覚えてるわけねーじゃん笑笑
それに俺、、元からお前なんて身体しか興味ねぇし笑
だからさぁ早く抱かせろよ










_私は恐怖を感じた









_逃げないといけない









_しかし彼は近づいてくる


















_結局、私は逃げられなかった









_彼の思い通りになってしまった









_彼が寝ているすきに、私は彼の部屋をでた。他の部屋で下着を来ている時物音がして恐怖がこみ上げた。







_だから下着の上からセーターを羽織い、荷物全てを置いて彼の家から逃げた









_しかしここがどこだか分からない家から遠いのはわかる。元々私の家は学校からも遠いしかも今は暗闇だ。辺りが見えない









私は明かりを探して走った
みつけた場所は公園






私はそこのベンチに座った







私の目から何粒もの涙が落ちてくる








_身体が震える







_誰も味方なんていなかった






_やっぱり私は1人なんだ







_寂しいな





(なまえ)
あなた
死にたいなぁ...
??
あの、、、大丈夫ですか?