無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

23
2021/11/24

第4話

研究
第3話「研究」


ミネルヴァ軍には白化現象を治療するための
研究施設がある、普段戦闘に参加することのない
彼らだが例外もいる

夜)海さん!
海)夜!なんだ、どうした?
夜)隼さんに会えましたか?
海)会えたのは会えた、薬も渡したぞ。
夜)本当ですか!良かった...

海が隼に渡した白化の遅延薬は
ここにいる夜が研究し作ったものだ

海)検査にも行くように言ったんだが、
気が向いたらって言われちまった。
夜)そうですか...
本当は検査もして欲しいんですけどね。
海)嫌だとは言わなかったんだ、
そのうちひょっこり顔を出すだろ。
夜)そうですね、
治療薬が早く出来ればいいんですが...
海)夜は頑張ってるさ、一紗や他の研究員もな
皆んなもそれを分かってる焦らなくていいんだ。
夜)海さん...ありがとうございます。

廉「海さん!聞こえますか!」

突如入った廉からの無線に驚く2人

夜)廉くん!?
海)廉、どうかしたのか!?

廉「隊員が1人白化しました!」

夜)白化!?
海)どこだ!

廉「野営地手前の三叉路です!」

海)すぐに向かう!持ち堪えろ!いくぞ、夜!
夜)はい!

手早く無線を切ると連絡のあった三叉路へ
少し手前で廉と合流した

廉)夜さんも来てくれたんですね、良かった。
海)どういう状況だ。
廉)野営地に帰還するため歩いていたら
隊員の1人が苦しみ出して..
夜)そのまま白化したんだね?
廉)はい。(頷く)
今は呂庵さんが1人で応戦してくれてます!
海)見えた!

海の視線の先で呂庵が白化した隊員と戦っていた

)シニタクナイ...コワイ..イヤダ!!
呂)リグレットと同化するな!
心を強く保つんだ!戻って来い!!

大きな声で隊員に語りかける呂庵

)タスケテ!ァアア!!

隊員の姿が人間からかけ離れていく

呂)ダメだ!負けるな!

ォオオ!!

海)呂庵!
呂)海!

海が呂庵の加勢に入る

呂)頑張ったけど...戻せなかった。。
海)残念だがやるしかない。

暴走が始まれば見境なく見方を襲う
もう倒すしかない

ォオオ!!

リグレットと化した隊員が2人へ襲いかかる

海)悪く思わないでくれ!
呂)ごめんな。

それは一瞬の出来事
2人の放つ斬撃が左右からリグレットを裂いた
光の粒子が溢れ出す

海)終わったな。
呂)うん...ぁ。

刀を収めた2人の視線の先
光の粒子が消えた場所に
犠牲になった隊員が倒れている

夜)身体が残ったんだ。
廉)夜さん、まだ危険です!

倒れている隊員の元へ夜が駆け寄る
抱き起こし確認するが...

夜)生きてる...でも..やっぱり、心は...

リグレットが倒されると光の粒子となる
しかし稀にだが元となった身体が
その場に残されることがある
しかしそれは文字通り身体だけ、
心は抜け殻の様に抜け落ちていて戻る事はない

夜)絶対...治療法を見つけてみせるから。

白化、そして抜け殻となった人の治療法
それを探すために夜はミネルヴァ軍に志願した
リグレットに最も近い戦場に立つために


つづく