無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

代償
19
2022/02/08 22:36
第12話「代償」


最前線の野営地

大量のリグレットと上位種の襲撃により
常駐していたソルジャーの大半が負傷し
設備もほとんど破壊された

海は被害状況を確認しながら
無事だった中央テントへと戻った
そこは非戦闘員や負傷者が集められていて
最終防衛地点でもあった場所で

)包帯はまだあるか!?
)こっちにもくれ!

負傷者の手当てにおわれた隊員が走り回っていた

郁)海さん!
海)郁!状況はどうなってるんだ?

海に気づき駆け寄って来た郁から現状を聞く

郁)重傷者はいますが、死人は出ていません。
海)そうか、お前たちは大丈夫だったか?
郁)それが...

言葉を濁す郁に不安がつのる

海)何かあったのか?
郁)陽が急性白化現象を起こしました。
海)なっ!?
郁)隼さんが!駆けつけてくれてので...
完全に白化する前に止める事が出来ました。
海)隼が、陽はどこにいるんだ?
郁)奥で寝てます、夜さんがついていて..
海)分かった、行ってみる。
郁)はい...

気落ちしている郁の頭を撫でて

郁)お前たちもよく頑張った、
こうして生きててくれて嬉しいよ。
郁)海さん。
海)涙のとこにいてやれ。
郁)はい。

少し離れた場所でこちらを伺っていた涙を見つけ
側に居てやるように促してから奥へと向かう

隼)やぁ、海。
海)隼。
隼)大丈夫だと言っても動かなくてね。

誰に向けて言ったのかはすぐに理解した
簡易ベットに横たわる陽の横で
泣くのを我慢しながら見守る夜

海)夜。
夜)海さん!陽が...俺のせいで..陽が!
海)郁から少し聞いた、
急性白化現象を起こしたみたいだが。
夜)俺を守る為に
リグレットに一人で立ち向かったんです。

最初は2体いた事、片方を陽が倒した事
その後で陽を庇って夜が怪我をした事
事の経緯を黙って聞いた

隼)守りたいと感情が強く出たせいで
急性白化現象が起こったんだろうね。
海)どうやって止めたんだ?
隼)白化現象は毛先から始まるからね、
全体に回る前に髪を切ったのさ。

言われて陽を見れば長かった髪は短くなって
少し色素も薄くなっていた

海)本当にそれで止まるんだな。
隼)成功例は志季から聞いた事があったからね、
でも判断が遅れたら間に合わなかった。

それもそうだろう、髪が完全に白化してしまえば
もう止める為に斬る場所など無いのだから

海)陽は大丈夫なんだよな?
隼)前よりは白化しやすくはなっただろうけど
今のところは大丈夫だよ。
海)そうか、ほら聞いただろ夜。

大丈夫だと確認して夜へと話しかける

夜)...
海)夜も怪我してるだろ、手当てしてこい。
夜)でも..
海)陽が目覚めた時に夜が怪我したままだと
また「何やってんだ」って怒られるぞ?
夜)...ですね、分かりました。

手当てしに行く夜を見送り近くの木箱に腰掛け
気落ちしているもう一人に声をかける

海)ありがとな、隼。
隼)礼を言われる事じゃないよ。

隼本人も少し追い目を感じているのか
その声にいつもの飄々とした感じはなかった

隼)僕がもっと早く来ていれば白化現象事態
起こらなかったかもしれない。
海)でも、間に合った。
隼)海...
海)隼が間に合ったから陽は助かったんだ、
最悪な事態にならなかったのは紛れもなく
お前のおかげだよ、隼。
隼)海は僕を甘やかすのが上手いよね。
海)間違ってたら、ちゃんと叱るぞ?
隼)そうだね、その時はちゃんと止めてね?
海)ああ、もちろんだ。

隼の言葉に少し違和感を感じるが
それは駆たちがテントに入って来た事で
消えてしまった

駆)海さん!大丈夫ですか!?
海)駆!?
恋)まさか、野営地まで襲われてたなんて..
葵)手当て手伝って来ます!行くよ、新。
新)俺も手当てして欲しいんだけど。

彼らが戻ってきてテント内も更に賑やかになる

春)少しの間で派手にやられたね、海。
海)もう戻って来たのか?春。
春)会いたい人には会えたからね。
海)まさか..

始)負傷者のリストがあるなら見せてくれ。
海)始!?
大勢がいる場所に滅多に出てこないのに。

そこで思い出す、ここにはコイツも居たのだと

隼)...は...はは、
海)おーい、隼さん?(恐る恐る見てみる)
隼)はじめぇ!!!✨✨
海)ですよねー!!(分かってた)

途端に雰囲気が変わる相方に振り回されながらも
今、生きている事を感謝するのだった


つづく