無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

19
2021/12/18

第9話

援軍
第8話「援軍」


亡国との国境線

激化するリグレットとの戦闘に疲弊する中
無線から最悪な報告を聞く

「前線に大量のリグレットが出現!
その中に上位種の存在を確認しました!」

恋)このままだとジリ貧だな。

動物型のリグレットを相手にしながら愚痴る
再検査の為人数が減った部隊では
この量のリグレットを相手にするのは厳しい

駆)恋!
恋)駆さーん!良かったよ〜

駆が来てくれた事でソルジャー全体の指揮が
上がり戦闘が少し楽になる

恋)上位種が出たって聞いたけど..本当?
駆)まだ姿を見てないけど多分いるね。
恋)そっか、なら気を引き締めないとね。

グォオオオ!!

リグレットが押し寄せる

駆)行くよ!皆んな!!
恋)オー!

駆が先陣をきってリグレットへと突っ込み
蹴散らしその撃ち損じを恋がしっかりと片付ける
しかし、数の暴力に少しずつ押されて..

恋)怪我人は下がって手当を
まだ動ける者はサポートに回って!
駆)数が多すぎる!

新)人手がいる?カケるん。
葵)助けに来たよ!
駆)新さん!葵さん!
恋)ナイスタイミングー!!

後退を余儀なくされそうになったタイミングで
新と葵が援軍として到着した

駆)俺と恋だけじゃカバーしきれなくて。
恋)めちゃくちゃ助かります!
新)もっと感謝したまえ、はっはっは。
葵)こら、調子に乗らないの。

恋)でも2人だけ?
葵)野営地にもリグレットが押し寄せて来てて
涙たちはそっちに行ったよ。
駆)野営地にもリグレットが!?
新)向こうは任せて大丈夫、
だから俺たちはここを片付けようか。

リグレットを切り捨てながら言う新に頷き

駆)このまま攻めて押し返します!
3人)了解!

ヒョウ型のリグレットが鋭い爪で新を狙う

新)おっと、大きなネコだなぁ。

ヒョイと躱すと刀の鞘でリグレットの頭を殴る
一瞬ひるんだ隙をついて斬り払った

新)じゃれるのも程々にして欲しいよね。
恋)いや、じゃれてはない。
葵)2人とも、よそ見は駄目だよ!

言いながら熊のような大きなリグレットを
二振りの刀で両断する葵

葵)それぞれの強さも増してる気がするね。
駆)厄介ですね。
葵)うん、ここは慎重に...新!危ない!!

新の背後に現れたのは人型のリグレット
目視するまで気配に気づかなかった

新)うわっと!?

リグレットの繰り出すパンチをギリギリ躱すが
体勢を崩しよろめく、そこにリグレットの追撃が
新の腹部に命中する

新)ぐっ!!

瓦礫の山へと吹っ飛ぶ

葵)新!大丈夫!?
新)なんとか...
後ろに飛んだけど衝撃を殺しきれなかったよ。

駆け寄って来た葵に何とか答える新

)俺の拳を受けて生きてるのか、中々やるなw
恋)リグレットが喋った!?
駆)上位種です!気をつけて!!

突如、目の前に現れた上位種に動揺する4人
この困難を乗り越えられるのか


つづく