無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

20
2021/11/28

第5話

戦線
第4話「戦線」


亡国国境付近
元関所前

城壁を思わせる高い壁は所々崩壊し
そこからリグレットがこちらへと向かって来る

駆)前線を越えさせるな!押し返せ!
恋)オー!

駆の声に第一軍の士気が上がる

一)お手並み拝見と行こうか?
志)いいだろう。

志季が先陣を切りリグレットの大群へと走る

志)はぁ!

赫い閃光が一閃!
その斬撃にリグレットが次々に光の粒子に変わる

玲)ヒュ〜♪
涼)凄い...
駆)志季さんに続け!

志季の力を見て更に士気が高まり
負けじと戦い始める

岳)あれがゼネラルの力、凄いな。
ルカ)だよね!負けてられないな!

岳とルカの前にライオンのリグレット
オス1頭にメスが2頭

グルル!

ルカ)行くよ、ガッくん!
岳)OK!

メス2頭が2人へと牙を剥き駆け出す
それを見た岳がルカの前へ

岳)先ずは俺から!

飛びかかって来る1頭を正面から横へ斬り裂く
その勢いのまま前へ

ルカ)行くよー!

岳の攻撃に一瞬怯んだ隙を逃す事なく
残りのメスを頭上から地面へ叩き伏せる

メスがやられた怒りからか
オスが咆哮を上げ岳の方へ飛びかかる

グォオオ!!

岳)おっと。

それを刀で受け止める岳

岳)ルゥ!
ルカ)任せて!

岳がおさえている所にルカがオスの胴を両断する
光の粒子になるのを見届けてハイタッチ

ルカ)やったね☆
岳)ああw

そこに複数の鳥型のリグレットが飛来する

玲)ほら、余所見するなよ!
歩)斬る。

廃車となった車の屋根から飛び降りながら
リグレットを打ち落としていく

岳)ありがとう、玲司。
ルカ)歩くんもありがと〜
歩)ああ。
玲)リグレットの数が明らかに増えてるな。
岳)国境に近いからね、無理もないよ。
ルカ)それに、向こうの方がこっちより
明らかに量が多そうだよ?

ルカの指す方では駆や恋、涼太や望が戦闘中

望)犬型、数は10。
恋)落ち着いて対処して!
涼)とにかく全部斬ればいいんだよ。
駆)その通り!

駆がリグレットの群れに飛び込むと
群れを蹴散らす、散り散りになったのを
3人が捌いていく

望)ごめんね。
涼)リグレットに同情?
望)ううん、俺なりの向き合い方だよ。
涼)望までこっちに来ないでよ?

白化の兆候が見られる涼太は
他のソルジャーにも出るのではと懸念していた

恋)駆さん!殆ど倒したよ!
駆)....ン。
恋)駆さん?
駆)チャーハン、ラーメン餃子付き...

ぐるるる。。と駆のお腹が鳴る

恋)お腹すいたんだね...
駆)ハンバーグにカレーライス。。
恋)レーションあげるから我慢してね。

携帯食料を渡しつつ宥める

駆)(モグゥ)一区切りついたら休めるね。
恋)だね、もう一踏ん張りだよ。

第1軍と第2軍は交代制で戦線を維持している

駆)もう少しで国境を越えれるね。
恋)うん、志季さんのおかげだよ。

志季が来たことにより段々と前へと進めている

志)このくらいでいいか。
一)そうだな、戻るか。

そして交代の為に野営地へ戻った皆んなに
隊員の白化現象での暴走があったと報告される

海)白化した隊員の身体は残ったが意識は無い。
一)ちっ、またか。
夜)身体は本部に護送することになりました。
海)そこで、これを機に白化の兆候が見られる
隊員は再度検査を受けて貰う事になった。

涼)っ!?...それは異動でしょうか?
海)結果にもよるがそう捉えてくれて構わない。
涼)...
海)護送の際に再検査の者以外にも護衛として
何名かつける、希望者は後で俺の所に来てくれ。

ざわつく隊員たち
再検査に安堵する者、
異動とゆう言葉に落ち込む者など
動揺する隊員たちを見据えて

海)話は以上だ!交代で戦場に出る者以外は
ゆっくり休んでくれ..解散!

それぞれの持ち場へと促すのだった


つづく