無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

464
2021/09/10

第18話

💄









side : 水瀬




あなた

" 熱愛報道 " ねぇ…






今日のお昼、出久に言われた事をふと思い出す









熱愛報道って、普通は複数人もいないんじゃないの…?どんだけ私にそういうイメージ付けたいんだか




あなた

そろそろ恋愛した方が良いのかな…

樹々友也
何言ってるんすか
あなた

わ、友也…






コーヒーを両手に持って向かいのソファーに腰を下ろす。「 これ飲んでください 」 と言いながらコーヒーを啜る




樹々友也
…プロヒーローになっても暫く恋愛しないんじゃないんすか?
あなた

やっぱり、しない方がいいかな?

樹々友也
いや、別にそういうんじゃないんスけど…、俺的には…





その後に言葉が続く事はなく、何でもないっす、と笑って誤魔化された。勿論、私も深入りはしない




あなた

良い人いないかな〜…出久とか、勝己とか、焦凍とか?

樹々友也
っ……、俺、とかどっすか?
あなた

え?

樹々友也
っ、だから!俺なんてどうですかって、





俯きながらそう言う友也の表情は見えなくて、いつものからかいなんだと思った




あなた

からかうのやめてよね

樹々友也
…からかってないです





顔を上げた友也は、目に涙を溜めていた




あなた

え、…!?

樹々友也
俺は、ずっとあなたさんのこと…っ、あの時からずっと、
あなた

………っ






また彼の後に言葉は続かなかったけれど、それでも言いたい事は十分に分かる程だった









そして彼にとって望ましい返事を返せないのも分かっていた









でもそれはきっと、彼だって________________




樹々友也
っ、無理な事くらい分かってます。それこそあの時から…俺はあなたさんに男として見られてないことくらい。
樹々友也
だけど俺は貴方が好きです
樹々友也
ただそれだけ、伝えさせて下さい ( ニコッ





なんでこんな時に君は笑ってくれるの?









色んな人と報道されて、それに加えて友也にこんな事をさせてる自分が嫌いだ




あなた

有難う…、ごめんね

樹々友也
いいんす、





机の上に置かれた飲みかけのコーヒーは、少しばかり冷えていた





next.