無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

444
2021/09/11

第19話

💄









side : 水瀬




樹々友也
変に気遣わないで下さいね、俺そういうの嫌いなんで
あなた

…うん、






だから嫌だったのに、と笑って私の頭を撫でる友也





樹々友也
他の方達とも、ちゃんとケジメつけたらどっすか
樹々友也
今がその時ですよ、まァ最悪…
樹々友也
" 俺が貰いますよ "
あなた

え……

樹々友也
っ……(やっと、)





友也の何気ないいつものからかいなのに、どうしてこんなに顔が熱くなってるんだろう









樹々友也
( 俺の事、見てくれた )










________________









あなた

( ケジメ…、どうすれば )






改めて考えても、私の中で確信出来る " 想い人 " なんて居ないし、やっぱり恋愛向いてないなぁと自覚する




あなた

( もう飲みに行くのとか辞めて、仕事に励もう )






そう思った矢先、焦凍から一本の電話が掛かってきた
































轟焦凍
今、平気か?














_______________









あなた

ごめん、もう報道されないようにしたいから…

轟焦凍
そうなのか…でも、どうして急に
あなた

…ちゃんと恋愛しよっかな、とか

轟焦凍
………そうか、悪かった。じゃあな





少し寂しそうな声色で電話を切った焦凍









私も寂しいな、なんて思っている



轟焦凍
恋愛する事にしたのか、なら…









































.
轟焦凍
もう、いいよな、伝えたって





焦凍は左手に持ったスマホを上げて、爆豪と緑谷に連絡を入れた





next.