無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まり
スクールカーストは主に5軍まで存在する。
1軍は派手系やヤンキー系。
2軍は運動部や彼氏や彼女持ちのリア充。
3軍は普通系や文化部。
4軍はオタクや真面目、地味。
5軍はいじめられる側。


スクールカーストの1軍の中にもトップの人
がいる。トップになる人によってそのクラス
の空気が決まる。


いじめられる人も…ね?




















私は桐山桃香きりやまももか、女子校に通い今年で2年生。
1年生のときは特に仲がいい!…って友達とか
はいなく、クラスの人と軽く接する程度。
だから、仲のいい友達はいなかった。
2年生最初の始業式で私はまさかの熱を出し、
始業式から4日も休んでしまった。
やっと熱が引いた日。
私は重い足取りで教室に向かう。
凄い浮いてるんだろうなぁ…。
正直、クラスは4組だとは先生が電話で教えて
くれたが、誰と同じなのかは知らない。
桐山 桃香
おはよ〜…
小さく呟き、教室に足を踏み入れる。
あぁ、やっぱり……。
予想通りだった。
クラスには既にいくつかのグループが出来て
いたのだ。1人で席に座るのはだいたい1年の頃から地味と言われた人ばかり。
前に掲示したままの座席表頼りに自席へ。
溜息をつきながら座ると…
女子
ねぇねぇ、休んでた子?
桐山 桃香
あ、はい…。
教室の前にいた子が私の席まで来て、そう声をかけてきた。
寺島 麗美
私、寺島麗美!良かったら、
仲良くしてね!
寺島麗美てらしまれみと名乗った女子。
見た目は黒いセミロングに軽い化粧といった
シンプルな子。
私は話しかけられ普通に嬉しかった。
桐山 桃香
うん!あ、私は桐山桃香って
名前だよ!
寺島 麗美
桃香ちゃんかぁ!よろしく!
桐山 桃香
こちらこそ!ねぇ、麗美ちゃん
はさ ───
女子
麗美、おっはよ〜!
寺島 麗美
あ、有咲。おはよ!
新村 有咲
ん?その子は?
寺島 麗美
桐山桃香ちゃん!ほら、風邪で
休んじゃってた…
新村 有咲
あぁ!いたね!私は新村有咲。
よろしく。
桐山 桃香
よろしく…。
新村有咲にいむらありさ。私の第一印象はあまりいいもので
はなかった。焦げ茶のツインテールに狐目、
化粧も濃く、あまりいい性格ではなさそう…
バァン!!!


勢いよく開けられた教室のドア。
そして、入って来た人達にクラスが一瞬だけ
静かになった。
桐山 桃香
あ、あの人達同じなんだ…。
ボソッと私は呟く。
入って来たのは3人組。
伊藤 雅
おぉ、いい勢いで開いたね。
如月 琉依
朝からはしゃぎすぎだろ。
空閑 柚稀
朝は静かが一番でしょ〜…
ドアを蹴破るように開けたのは伊藤雅いとうみやび
少し濃いめの茶髪で朝にも関わらずとても
元気そうだ。化粧は濃いめ。
溜息をつきながら入ったのは如月琉依きさらぎるい
茶髪セミロングでウェーブがかかり、一般的
なメイクを施している。
欠伸をして眠そうなのは空閑柚稀くがゆずき
黒髪のショートで片目が隠れ、八重歯が特徴的だ。制服はズボンを選択し、パッと見は男子にしか見えない。
3人が席に着くと、少しずつ騒がしくなり、
さっきと同じくらいのうるささになった。
あの3人は1年生の頃から有名だった。
他校の男子もいる喧嘩にも顔を出している
とかいないとか…
寺島 麗美
琉依ちゃん達も有名だけどさ、
まだいるよね…
新村 有咲
あぁー、そうだね。
桐山 桃香
まだいるって?
寺島 麗美
えっとね ───
女子
マジ、学校とかダルいわー…
女子
まぁ、いいじゃん?放課後さ、
ケーキ屋行こうよ!”沙月”!
入って来た4人組にクラスの空気が変わる。
鈴木 綾
雪奈が選ぶお店なら美味しいん
だろうね〜!
本郷 めぐみ
うんうん。
広瀬 雪奈
あたりまえでしょ〜?任せて!
鈴木綾すずきあやは4人の中だと一番静か。だが、クラス
で考えるとうるさい方に入ると思う。
黒のセミロングで一部水色という不思議な色
にメイクはバッチリ。
本郷ほんごうめぐみは盛り上げ役。バスケ部で背は、
高い方。1年生の頃はボランティアに参加する
とか地域貢献をしていた。髪は茶のベリー
ショートヘアー、化粧は薄め。
広瀬雪奈ひろせゆきなはギャル感が一番ある。ネイル好き
らしく2、3日ごとに変えるとか。金髪は腰
くらいまであり、コテで巻かれている。
峰本 沙月
いいね。そうしよっか。
おそらくこのクラスのカーストトップになる
のは峰本沙月みねもとさつき。すらっとした手足は白く、髪
はサラサラ。モデルをしてるとか噂で聞いた
ことがある。


この4人も1年生の頃から有名だった。
気に入らない先生を精神的に追い込んで転勤
させたりとか、気に入らない子を散々いじめ
他校に転校させたとか。


静かに過ごすのが一番安定だ。
桐山 桃香
……。
クラスのカーストは何となく分かった…。
多分、私は3軍あたりかな?
もっと上にいきたいけど、怖いからしばらく
は3軍でいいかな。
そんなことを思い、私の新しいクラスでの
生活が開始した。
────────────────────────────
作者の✨舞✨です。

新作、『下剋上教室』の1話目を読んでくだ
さり、ありがとうございます!

今回の作品では少し挿絵機能を活用しようと
思いまして、1話目の最後にもあるように、
カーストを分かりやすく表示していきたいと
思っています。

カーストが変わる度にカーストピラミッドを
挿絵機能を使い、表示しますのでよろしくお願いします。

いつもと少し違う風に書く作品になりますが
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m