無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

男女交換
倉科 拓哉
なぁ、坂上。交換するって言ってもどうやるんだ?
坂上 潤
制服交換するだけでしょ?
倉科 拓哉
じゃあ、このクラスの人の中でやるってこと?
坂上 潤
まぁ…そうなるね。ジャージ着て、他の人に貸したらいいんじゃない?
倉科 拓哉
んー、なら2人組組んでもらってそこで制服交換してもらう感じだな。
坂上 潤
じゃ!そういうことでみんなー!ジャージに着替えて、制服を誰かと交換して来て!
女子
はーい。
男子
やろうぜ!
女子
おっ、いいよ!
そんなワイワイした約10分後。
教室には男女の制服を交換して着たみんなが席に着いていた。
夕凪 沙羅
ファッションショーしよ!で、みんなに投票してもらお!
坂上 潤
じゃ、席順でやろっか。1号車の1番前から!
女子
部室からウィッグ持ってきました〜!
男子
えー!被んのー!?
女子
本番被るなら変わらないっしょ!
男子
てか、お前似合い過ぎてヤバっ!!
女子
りあは女子の方がいい!
投票を行い、どんどん決まっていく中本当に意外なくらい女装が似合っている人がいた。それは…
空閑 柚稀
琉希、凄い可愛いんだけど…
篠田 徹
あれは凄いな。
夕凪 沙羅
ちょっ、琉希!もうこれから男やめて女で生きようよ!
八代 琉希
生きねーよ!!
柚稀と徹は驚きの声を上げ、沙羅は意味不明なことに勧誘している。
三室 弥生
でも、本当にあれは可愛い…
黒髪のウィッグを被った琉希は誰も想像しなかったくらい女装が似合っていて、何より可愛かった。
他と違ってすね毛なんか一切生えていない白く綺麗な脚、筋肉も周りから見て怪しく思われない程度についている。
燎 颯斗
琉希は女子決定っしょ。
倉科 拓哉
お前もな。
坂上 潤
そうだね〜、燎君も女装してもらおっかな。
倉科 拓哉
俺は絶対に無理。
空閑 柚稀
あったりまえじゃん!その筋肉質な脚出したメイドとか…想像するだけでもうお腹痛いんだけど…っ!
燎 颯斗
確かにごついから無理無理!
涙が出そうなくらいまで笑う2人に倉科君は大きな溜息を零した。
褒めてるのか馬鹿にしてるのか分からないような言い方するなぁ…
坂上 潤
楓ちゃんは?
月城 楓
男子希望。
坂上 潤
みんな、どうかな?
女子
いいと思う!
大野 優花里
金髪ツインテール見れないのは残念だけど、男装の方が似合うよ…
月城 楓
おい。
坂上 潤
じゃあ、男子で!最後!柚稀ちゃん!希望は?
空閑 柚稀
希望は ───
倉科 拓哉
柚稀は男で決定。以上。
空閑 柚稀
え、強制!?
倉科 拓哉
お前、今も昔も男だろ。
空閑 柚稀
うわっ、失礼。
坂上 潤
でも、他のみんなを見ると、男子の方が少ないんだよね〜…柚稀ちゃん、男子じゃダメかな?
空閑 柚稀
人数が少ないならいいよ!
坂上 潤
ありがとう!
空閑 柚稀
いえいえ!
男装しても全く違和感がない柚稀が決まり、服を元に戻す。
ちょうど、そのときに授業終了の鐘が鳴り響いた。
先生
あ、今日から実行委員会始まるから実行委員の2人はよろしく頼んだー
倉科 拓哉
はーい…
三室 弥生
あ、はい!