無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第141話

3学期
部活だらけの冬休みが終わって、3学期。
まさかの始業式の日から授業参観日で6時間全部をかけてクラス全員が今までの人生を年表や写真を使って発表するという道徳の内容だった。
柚稀と徹は用事があるため遅刻。
本当に転校してきた琉依は楓と一緒にいた。
休んでいた怜央が帰ってきてみんなは一安心した。
倉科 拓哉
これで発表を終わります。
拍手が聞こえて、席に座る。
倉科先生
あとは遅刻の柚稀ちゃんと徹君だけなんですが…
女子
せんせ〜、何でその2人は遅いんですか〜?
倉科先生
ちょっと大切な用事でもうすぐ来ると思うから待っててね。
篠田 徹
遅れました。
空閑 柚稀
ごめんなさい!
左目を隠すための眼帯をした柚稀と徹が発表用の資料を持って教室の前から入ってくる。
本当に来たばかりらしく、マフラーや手袋を前で外している。
倉科先生
どっちから始める?
空閑 柚稀
時間も無いことですし、2人でさっさとやらせてもらいます。
倉科先生
了解!じゃあ、よろしくね。
先生…いや、母さんが促して2人が大きな紙に2人分を書いた年表を黒板に貼る。
篠田 徹
というわけで、話していきます。生まれた場所と幼稚園のときとかは全く覚えてないから小学校時代から。
空閑 柚稀
写真はこれです!
柚稀が小学校時代と書かれた場所に皇唯我と黒崎錬の写真を貼り、保護者を含め全員がザワついた。
篠田 徹
小学校時代は俺は皇唯我として、空閑は黒崎錬としてテレビの方に多数出演させてもらいました。
女子
質問いいですか!
篠田 徹
はい。
女子
篠田君が皇唯我君なのは分かったけど柚稀ちゃんが黒崎錬君って男ですよね?元男だったんですか?
空閑 柚稀
いや、ずっと女。
半分笑った柚稀が眼帯を取ると、クラスから驚きの声が上がる。そして、本当の地声で解説を続けた。
空閑 柚稀
なんて言うか…強くてかっこいいから男に生まれたかったんですかね?声とかもあまり高くないから二刀流でやってました。
篠田 徹
で、10歳。ここで空閑には親友の自殺という大きな壁が立ちはだかり、また俺は俺で親の離婚がありました。
空閑 柚稀
結局、"俺"も徹君も12歳の小学校卒業と同時にテレビから消えました。
燎 颯斗
絶好調だね、柚稀…
倉科 拓哉
1番、慣れてていい…
中学校は簡潔に説明をしていき、現在へ。
そこには2人とも色々な思いがあるのか年表に書いてあることは多かった。
篠田 徹
2年生になって、俺は転校してきた人と付き合いました。でも、その人は昔黒崎錬をいじめてた人らしく、自殺してしまったことが残念だけど…今でも彼女のことは好きです。
空閑 柚稀
俺は2年生の2学期から千代瀬高校に来ました。まぁ、みんなには話したけど昔の仲間からの勧誘です。そこからは難もありましたが楽しい日々を送れて嬉しいです。
篠田 徹
そして、11月。何処から辿り着いたのかは分からないですけど、俺と空閑の元にオファーが来ました。
空閑 柚稀
その時は、ただの空閑柚稀としてのだったんですよね。でも、徹君と話してこの際に大革命を起こしてやろうって思ったんです。
篠田 徹
だから、今日のテレビで放送されると思うけど、皇唯我と黒崎錬は完全復活をします。
空閑 柚稀
これからはもっと革命を起こして凄いやつになるのが俺と徹君の目標です。
今までで1番大きな拍手が起こり、2人が頭を下げて年表を片付ける。すると、母さんが…
倉科先生
まだあるのよね?
篠田 徹
はい。
空閑 柚稀
次は軽い余興話です。
篠田 徹
このクラスにはいじめによって命を失った人がいます。そして、今でもみんなが平等に暮らせていないと俺と空閑は思いました。
空閑 柚稀
変なことで脅したり、ほんとしょうもないことをしてくれて、楽しいのは…嬉しいのは1人だけ。他の人は不愉快。そんなのでいいと思いますか?
如月 琉依
良くないと思いま〜す。
楪 千棘
良くないと思う…
空閑 柚稀
反応ありがと。いじめを受けた側だから俺には言えます、人をいじめたところで気持ちいいのは本人だけで他の人からしたらただの迷惑なだけ。
篠田 徹
人間は平等にあるべき。そう思ったのでみんなで仲良くしましょう。
空閑 柚稀
確かに嫌いな人はいると思います。だけど、その嫌いな人でもいい所を見つけたらきっと少しは仲良くなれるはずなんです。
篠田 徹
てわなわけで、今更だけどクラスの仲を良くするためにも新年会を今日、開きます。
男子
いや、今日は用事が…
女子
私もー
女子
え、私もなんだけど?
男子
俺も俺も。
燎 颯斗
こりゃ、凄い。もしかして事前に保護者様に連絡して開けてもらってるとかやってる?
篠田 徹
正解。ちゃんと事前にこのクラス全員の保護者の方に聞いて開けてもらったので来れない人はいないはず。
空閑 柚稀
次にお金が無い!とかいう人、お年玉ありますよね?……と!言いたいところですが、まぁいいでしょう。
すると、柚稀は2つの封筒を取り出して母さんに渡した。
空閑 柚稀
先生!どっちか引いてください。
倉科先生
ん〜、じゃあ、こっち!
空閑 柚稀
どれどれ…おっ!大当たり!
倉科先生
やった〜!何があるの〜?
空閑 柚稀
スグに分かりますよ、徹君。
篠田 徹
ああ。新年会って言っても突然なのでみんなには自分が食べた分の10%を払ってもらいます。だから例えば、その人が1000円分食べたら100円を払ってもらうって感じですね。
円グラフを書いて、10%に個人と文字を入れた徹。
倉科 拓哉
残りの90%は何処から出るんだ?全員になったらかなりの額になるけど…
空閑 柚稀
そりゃ、この新年会は俺と徹君が主催だから俺40%、徹君40%で全員分払う。そして、それでも余ってしまうのは大当たりを引いたため、井上先生に払ってもらいましょう。
井上先生
えっ…
女子
井上先生が少し奢ってくれるの〜!
男子
よっしゃ!!!
何気に幼馴染である井上先生を巻き込み、みんなが騒いだことで引けなくなった井上先生がボソリと…
井上先生
柚稀、覚えとけ…
空閑 柚稀
なんのことやら。
「最後に。」と柚稀が教卓に手をつく。
空閑 柚稀
本当に人間はみんな平等がいい。誰かがまとめるとしてもその人が高飛車になってはいけない。あくまでリーダーとしてみんなを導くのが正しいんだと俺は思う。
真剣に話す柚稀は何だかかっこよかった。
いつしか見たあの男でも憧れるようなかっこよさ。


そんなところが良かったのかもな。
空閑 柚稀
ずっと悩まされたけど、俺の友達はみんないい人達です。馬鹿みたいに騒ぐし友達から聞いた話だと心霊番組にビビって夜中に女の子を起こしてトイレに行ったって人もいるし…
女子
え、誰それ?
男子
空閑が仲良い人だろ?かなり限られてるんじゃね?
女子
女の子起こすってことは男の子?倉科君と燎君だったら燎君の方がやりそうだよね〜…
燎 颯斗
………誰、柚稀にチクったの。
倉科 拓哉
俺じゃないけど、ざまぁ。
燎 颯斗
クラスに知れ渡った…
颯斗が呟くのを見て、犯人の琉依が目を背けた。
空閑 柚稀
…それでも、やっぱり何回ぶつかって負け続けてもめげずに何回でも挑戦しに来る人が1番かっこいいです。不器用で神的に理系が死んでるけどいつも真っ直ぐな目標を持ち続ける人が俺は本当に大好きです。みんなで笑って3年生も過ごせたらいいなと思います。長くなりましたがこれで終わります。
その瞬間、俺は話している柚稀と目が合った。
目合った柚稀は視線を逸らしたが、その顔は少しだけ赤くなっているようにも見える。
燎 颯斗
神的に理系が死んでるって盛大に悪口言われたけど良かったじゃん?
倉科 拓哉
あんくらいかすり傷でもない……
燎 颯斗
って、顔真っ赤のどうにかしたら?熱あるなら帰れば?
倉科 拓哉
帰んねぇよ…
倉科先生
はい!それでは、全員の発表が終わったので今日の授業はこれで終わりとなります!はい、号令!
坂上 潤
起立、気をつけ、さようなら!
倉科先生
はい、さようなら〜
空閑 柚稀
みんな、5時に駅前に来て!俺の家でやるから!
女子
りょーかい!
女子
またあとで〜!
みんながワイワイと教室から出ていき、犯人の琉依が走って逃げると察した拓哉はそれを追いかけた。
月城 楓
餓鬼だな…
空閑 柚稀
ほんと…琉依は置いてもう帰るか。
月城 楓
颯斗も置いていこう。
倉科 拓哉
柚稀。
空閑 柚稀
何だ?
教室から出て行こうとした2人を止める。
倉科 拓哉
さっきのあれって誰?
空閑 柚稀
誰だろうなぁ…少なくともバスケが上手で理系で赤点ギリギリをとる人じゃないか?誰とは言わないけど。じゃ、また後で。
昔のような小さい笑顔で笑い、横をすり抜ける。


そのすれ違いざまに何か紙を渡された。
追いつけなかった、と戻って来た颯斗と昇降口に向かいながら俺はその紙を見る。
「いつか1on1で勝てたら言いに来い、待ってる。」
その言葉を見て、俺は体の芯から燃えるような熱さを感じた。
燎 颯斗
ん?どうした?
倉科 拓哉
…いや、絶対に柚稀に勝ってやるって思っただけだ。
燎 颯斗
勝てたらいいね。
倉科 拓哉
勝ってやるんだよ。
燎 颯斗
そう言えば、三室ちゃんさ。
倉科 拓哉
三室がどうした?
燎 颯斗
自殺したあとに血で文字を書いていたらしいんだけどね。
倉科 拓哉
ダイイングメッセージってやつ?
燎 颯斗
そう。
倉科 拓哉
どんな?
燎 颯斗
確か…「失敗の人生」だったような?
倉科 拓哉
…柚稀をいじめたことじゃないか?
燎 颯斗
さぁ?
やったことから考えると深く考えることが出来ないほど似合わないその言葉。


きっと次は良い人に生まれたいってことだろう。


みんなが平等で平和な、そんな世界で……。