無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

ストーカー気質
三室 弥生
あっ…
如月 琉依
久しぶりだな。
伊藤 雅
ん〜?誰々?
後ろにいたのはビニール袋をぶら下げ少し懐かしい制服を身に纏う琉依と私服の雅だった。
伊藤 雅
おっ!桃香ちゃん。久しぶり〜!
如月 琉依
隣は…怜央か?
三室 弥生
琉依ちゃん、知ってるの?
如月 琉依
まぁな。中学、同じだったし。
三室 弥生
えっ!?
如月 琉依
てか、お前。またストーカーでもしてんのか?やめた方がいいぞ。
桃原 怜央
相変わらず口が悪いことで…
伊藤 雅
でも、本当じゃん?
三室 弥生
ス、ストーカー?
如月 琉依
こいつ、ストーカー気質だから。
桃原 怜央
いやー、強い人がいたらその秘密とか気になるでしょ。
三室 弥生
じゃあ、私の名前を知ってたのは…
桃原 怜央
文化祭、見に行ったから。その後も、如月のこと見てたら下剋上とかの話が耳に入ってきたからさ。
そこまでバレてた…。
如月 琉依
まっ、桐山。そいつはアホだけど、無駄に知恵が働くから気をつけとけよ。んじゃ。
伊藤 雅
ばいばーい!
そのまま歩いて行き、2人の姿が見えなくなる。
三室 弥生
…それで私に帰ろうって言ったわけ。で、用事は何?
桃原 怜央
この教室でも下剋上しようとしてるんでしょ?
三室 弥生
……まぁね。
桃原 怜央
それさ、俺も入れて。
三室 弥生
え?
怜央が予想外のことを言い出し、私は少し戸惑う。
全然、気にしていないのか怜央はそのまま…
桃原 怜央
俺も今の位置より上にいきたいし。
そもそも榎本のこと嫌いだし。
それに…如月と仲がいい空閑のことも気になるし?
三室 弥生
……。
……まさかの展開。
ここで拒否しても周りに言いふらされたら終わり。
それなら、柚稀のことも気になっているみたいだし手伝ってもらうのが得策かな…。
三室 弥生
…うん、いいよ。
桃原 怜央
ありがとう。
軽く頭を下げると、怜央が少し考えるような仕草をする。
桃原 怜央
まぁ、カーストは昨日伝えた通りだ。もし、落とすなら…まずは3軍から脱出するのがいいかも。
三室 弥生
出来そうな穴はある?
桃原 怜央
そうだね…俺達はバスケ部だから、1軍か2軍の部員と仲良くなって上げるのがやりやすいと思う。安定していじめられる心配もないからさ。
そういえば…
三室 弥生
ねぇ。
桃原 怜央
ん?
三室 弥生
夕凪沙羅いるじゃん?
桃原 怜央
あぁ、夕凪がどうした?
三室 弥生
あの子はどちらかと言うと、2軍の気がするけど、何で1軍なの?
桃原 怜央
ん〜…この千代瀬高校にはまぁまぁ有名人も通ってて、夕凪のお姉さんも通っていたらしい。
三室 弥生
ってことは、有名人?
桃原 怜央
そういうこと。今だったら、目立つのはあの子だな。1年にInfinity劇団の漣悠翔がいる。
三室 弥生
あ、この学校だったんだ?
桃原 怜央
おう。バスケ部で活動してると、たまに夕凪に用があるのか体育館まで来ることがある。
沙羅は有名人の妹ってこと…。
その漣悠翔君にも話を聞いてみたいかなぁ。
そこら辺は沙羅に頼めばいっか。
取り敢えずは怜央のことを信じよう。
裏切られたら……ただ、落とすだけなんだから。
三室 弥生
ありがとう、怜央。それじゃあ、これからよろしくね。
桃原 怜央
ああ、こちらこそ。
そう言って、私達は別れた。
さて、今回もやってやりますか!
前回みたいな失敗は絶対にもうしない。
完全勝利を掴んでやる。
そして、私の下剋上教室は再び開幕した。