無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

40
あなた

ただいま( ´ ▽ ` )ノ

《あなたside》
家についた
シルク…気持ち伝えてくれて
ありがとう
つたわったよ
シルクはシルクだもんね
変わらないよ
あの笑顔も
仕草も
前世でも今回も振ってごめんね
シルク…
取り敢えず今回あったこと…
モトキに話そう
あなた

モトキ…ここ座って

モトキ
モトキ
うん
あなた

あの…ランニングの時何だけど

モトキ
モトキ
うん
あなた

シルクに告白されちゃってさ…

あなた

断ったけど…

あなた

許してくれるかなって

モトキ
モトキ
怒らないよ!
だってシルクが相談してきて
告白してもいいよって言ったし
あなた

じゃあ知ってたんだ…

モトキ
モトキ
うん
あなた

でさ…ギューしちゃった…

モトキ
モトキ
うん…て、えーっ!!
モトキ
モトキ
それってシルクから!?
あなた

ううん…自分から

あなた

前世こうできなかったからって

モトキ
モトキ
はぁ、なんだ。でもさ
ギュッ
モトキ
モトキ
これで塗り替えた。
あなた

モトキっ…///

モトキ
モトキ
顔真っ赤wwww
前世のシルクはあのあとどうなったんだろう
誰にもその真相はわからない
自分に問いかけても
シルクに問いかけても
誰も答えを知らない
モトキ…妬いてくれた
モトキ…
モトキも変わらないね
昔っから。
前世から。
あとマサイも。
あの川で偶然すれ違ったのは
"キセキ"
そう呼んでいいのかな
偶然とキセキが重なってここにいる私
よく、4にんで話したな…
やっぱりどこか懐かしくて
どこか寂しい
あのキセキがなかったら
あのまま川の中にいたんだろう。
ここでなにも感じてなくて
声なんて出せてなかっただろうし
モトキ
シルク
マサイ
が起こしたキセキ
そして、助けてくれたこの
"いのち"
これからも大切にしなきゃ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
しおりーしぃ
しおりーしぃ
もう、40話だ!きょうは、ペケの誕生日に書いてますww
しおりーしぃ
しおりーしぃ
上がる日多分2/20だよね?
しおりーしぃ
しおりーしぃ
未来のみんな!
しおりーしぃ
しおりーしぃ
これからも、また君 をよろしくお願いします!