無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

48
シルク)ねぇあなたちゃん…
あなた)どうした?シルク
シルク)やめろよ
あなた)?

シルク)その嘘をだよ
あなた)嘘なんかないし

シルク)わざと笑ってるその笑顔だよ
あなた)っ…嘘じゃない…グスッ

シルク)…(背中を擦る)
あなた)やだよ…怖いよ…グスッ
シルク)大丈夫。大丈夫。
あなた)何でまた…1人になんなきゃいないの…グスッ

シルク)いまのあなたちゃんは1人じゃない。Fischer'sがいるじゃんか。
モトキが良いのも分かるけど…1人じゃないよ

あなた)ありがとう…
シルク)どういたしまして。じゃまだ大丈夫だから病院行こっか
あなた)うん


🏥


ガラガラ

この光景何度もみた

体には良く分かんないけどチューブとか、線が繋がっている。

力のない手を握る。

そして

あなた)頑張って。

そういう。

彼は頑張ってるんだから

シルクはそんなあなたを悲しい目で見つめる

あなた)モトキ…


そう名前を呼んだ




モトキ)ん…

あなた)モトキ

モトキ)あ…えと…俺は…??


"記憶喪失"この言葉が頭をよぎる。

知らない人だもんね。そう思うって握ってた手を離す。

気持ちを悟ったのかシルクが冷静に


シルク)ナースコールしよっか


医者が来る

医者)自分の名前分かりますか?

モトキ)…思い出せないです

医者)あなたの名前は


本肝 魁


です

モトキ)あ…はい

医者)検査のときは呼ぶので安静に。

モトキ)分かりました。

医者が出ていく

モトキ)…えっと

あなた)あ…あなたって言いますよろしくお願いします

シルク)絹張 諒です!よろしくお願いします!

モトキ)よろしくお願いします!ニコッ

また1から。なんで…

モトキ)俺…何があったんですか?

シルク)えっと…通り魔に刺されたんだよ。

モトキ)…俺記憶喪失なんですか?

シルク)俺の名前知らないってことはそう…なります

モトキ)諒さんとはどういう関係で…

シルク)幼馴染で、YouTuberだよ

モトキ)YouTube…?

シルク)これ

動画を見せる。

モトキ)俺だ…それに諒さん。

シルク)魁、俺YouTubeの中でシルクって呼ばれてるんだ。魁はモトキ。

モトキ)モトキ…分かりました

シルク)敬語やめて笑なんかツボる笑

モトキ)あぁーうん!シルク!

シルク)それがいいわ笑

モトキ)あ…あなたさんは?

シルク)いつの間に…探してくる!

モトキ)あ!いってらっしゃい!


あなた…!!辛いのは分かってる。

もう一回最初っから笑顔を探すためにコンテニューだと俺は思う。

だから笑顔。また贈るよ。