無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

274
2021/06/20

第4話

『I love you』 🖤 ③


その日の帰り





キーンコーンカーンコーン





「よし、帰るか~」

「あなたの下の名前、帰ろ!」

「うん、帰ろ~」



いつも通り香織と一緒に帰る準備してると...




「あなたの下の名前ちゃん、呼び出されてる~!!」

「あ、うん、ありがと~、今行くー!」



誰だろ、まさか、さっきの人たち?





「はい、...」





恐る恐るドアまで行くと...




『あなたの下の名前ちゃん、』

「目黒くん!」



待っていたのはさっきの怖い女子でも先生でもなく目黒くんだった




「ど、どうしたの?」

『や、迎えに来た』

「え?」

『あれ、見てない? 最後の1文』

「...何の?」

『これ、📱(ヒラヒラさせる』

「あっ!!」




そう言えばさっき...





『“あなたの下の名前ちゃん”』

「“どうしたの?”」

『“今日一緒に帰ろ?”』

「“え、”」

『“やだ?”』

「“ん~、...けど、一緒に帰ると変に目立っちゃうから”」

『“大丈夫、そのときは俺が守るから”』

「“....じゃあ、約束ね?”」

『“もちろん、放課後、迎えに行くね”』







「ごめんなさい、忘れてた、」

『いいよ、全然(笑)、帰れる?』

「ぅん、あ、でも、ちょっと待って、」

『うん』


「ごめん、香織、」

「いいよいいよ、(笑)目黒くんとでしょ?」

「うん...」

「楽しんで帰りな!」

「う~ん...」

「ま、でも、みんな今2人のことガン見だしね(笑)」

「そうなの...(泣)」

「でも大丈夫よ、きっと。だから、頑張れ!私のことはどうでもいいから、ね?」

「..わかった、がんばる」

「じゃあね!ちゃんと頑張るんだよ~! また明日!」

「うん、ばいばい、」



「ごめんね、お待たせ」

『いいよ、行こ、』

「うん」




ジロジロ...コソコソ

「(ね、あれ、)」

「(え、彼女!?)」

「(ちがうでしょ、)」

「(え、でも目黒くんだよ!!?)」



なんか、めっちゃめちゃ見られるし噂されてるんですけど...


彼女?とか変な噂まで立っちゃってるし...



でも、不思議がるのは当前か、みんなの絶対的王子様とこんなちんちくりんが一緒に歩いてるんだもんね


うん、そりゃあ変な感じするよね、自分でも思うもん


けど、廊下歩くだけでこんなに見られたことないからなんかもう恥ずかしくてしょうがない


目黒くんパワーってすごいね、ほんと...




『あ、今さらだけどさ、家どっち方面?』



校門に向かって歩く途中、そう聞かれる



「んと、○○方面」

『え、マジ?俺もなんだけど(笑)』

「へ~!じゃあ、どっかで会ってるかもね(笑)」

『確かに(笑)、あ、じゃあ送るよ、』

「え、いいよ、申し訳ない」

『そんなことないよ、』

「え、でも、...」

『やなの?やだったらやめるけど』

「.....」




くそぉ、素直にやだって言えない


ていうか、むしろちょっと嬉しい自分がいる


あ~、も~!!!/////




「...じゃあ、お願いします..//」

『おけ!お願いされました!(笑)』




てなわけで、私は目黒くんに送ってもらうことになった





ーーーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・・




「目黒くんてさ、なんでこんなに私のこと気にかけてくれるの?」





ずっと気になってたことを聞いてみる





『え~、なんか、体が勝手に動いちゃうんだよね、あなたの下の名前ちゃんのことになると』

「えへ?(笑)」

『何でなんだろう...(笑)』

「それは私にもわかんない(笑)」

『あ、でも、この前『I love you』聞いたからかもしれない』

「あ~...////」

『俺もさ、『I love you』好きなんだよね(笑)』

「そうなの?」

『うん、俺の十八番(笑)』

「私もだよ(笑)」

『マジ!? 今度カラオケ行って歌おーぜ!!』

「うん、いいよ(笑)」

『よっしゃ!!』




目黒くんも『I love you』好きなんだ!!

なんか嬉しい♪

でも確かにあの時、『I love you』ですよね?って聞いてきた気がする、、、

恥ずかしすぎて覚えてないけど(笑)







『あ、俺さ、寄りたいとこあるんだけどいい?』

「うん、」







どこだろ...









ウィーーン



「いらっしゃいませー」

「あ、寄りたいとこって、コンビニか」

『そう、』

「何か買うの?」

『うん~...あ、あった!これこれ♪』

「あ、プリン♪」

『俺さ、このプリン、大好きなんだよね(笑)』

「わかる、私もこのプリン大好き♡」

『ホント?仲間じゃん!(笑)』

「仲間(笑)」

『よし、買ってこよ!』

「うん、行ってらっしゃい、外で待ってるね」

『うん、』







『ただいまー』

「お帰りなさい」

『ん、ただいま』

「行こっか」

『うん』




ーーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・・・・





『そう言えばさ、昨日、ポーチ渡しに行ったとき、悲しんじゃうからって言ってたけどさ、あのポーチ、何かあるの?』

「あ~、んとね、あの中に昔飼ってたぽーちゃんって名前の犬の写真が入ってるの。で、ぽーちゃんの写真のお陰なのか、あのポーチ持ち歩いてるといつもいいことあって、...だから、目黒くんにはめちゃめちゃ感謝してるんだ。ありがと。たぶんあのまま目黒くんが届けてくれなかったら今ごろ私、どうなってたか...」

『なるほどね、じゃあよかった、届けに行って。ま、でも俺も犬好きだからさ、その気持ちわかる。愛犬って、いつになっても愛犬じゃん?俺らの前にいなくても、愛犬なのは変わんないし。 だから、きっとぽーちゃんも幸せだよ、あなたの下の名前ちゃんみたいな優しい人が飼い主でいてくれて、今も写真を持ってくれてて。』

「そう、なのかな?」

『絶対そう! な、ぽーちゃん!』




そう空に向かって言う目黒くん





「ふふ(笑)、」

『え?なに』

「なんでもないよ(笑)」






ーーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・・






『送る~とか言ったけど、お家どこら辺?』

「もうすぐ着く」

『え、じゃあ俺と案外近い系じゃん』

「そうなの?」

『うん』

「そこの角曲がって、まっすぐ歩くとコンビニあるじゃん?」

「うん、」

『で、そのコンビニのとこを曲がって、公園横の坂道上ると俺ん家』

「え~!結構近め!」

『ね』

「...あ、もう着く」

『ん、』

「ここ、私の家」

『うわ、めっちゃ綺麗!!』

「そんなことないよ(笑)」

『や、あるべ、これは...』

「いやいや、」

『...あ、これ、あげる」

「え?...」




さっき買ってたプリン




「いいよ、目黒くんのだよ?」

『あげる、あげる』

「...でも、」

『だってこれ、最初からあなたの下の名前ちゃんのために買ったんだし』

「え、そうなの?」

『うん、』

「え、でも2個入ってるから、」

『食べて、』

「...」

『俺まだこのプリン家に3個あるし(笑)』

「3個(笑)」

『そ、だから、食べて、』

「....じゃあ、ありがとう、」

『ん、 じゃ、帰るわ』

「ありがとうね、わざわざ」

『いーよ、楽しかったし』

「また、ね?」

『おう!また明日!』





その日の夜は、目黒くんにもらったプリンを食べた。


ついでに「おいしかった。ありがとう」


って言うメッセージも目黒くんに送った




ってあれ、私、今日目黒くんのことしか考えてなくない?

や、気のせいか?