無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

167
2021/06/26

第17話

『守るから』 💙 ⑤
ーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・・




「翔太ーー!!!」

『あ?』

「一緒に帰ろ」

『おう、』





あの出来事があってから、俺とあなたの下の名前は一緒に帰ってる





「あ!あなたの下の名前!!」

「こーちゃん!久しぶり!!」

「や、久しぶりやないで?(笑)おととい会ったやん(笑)」

「え?いつ?」

「体育の授業、合同でやったやん、」

「....あ~、そうだった!!」

「も~、忘れんといて!(笑)」

「ごめんごめん(笑)」

「なぁ、せっかくやから一緒に帰らへん?」

「いいよ!人数多い方が楽しいもんn『ダメ!』

「えぇ、なにそれ、翔太意地悪すぎ!!」

「そうやで、」

『だってうるせぇんだもん、お前、(笑)』

「めっちゃひどいやん、その言い方(笑)」

『それにこいつ、俺のだから他の男に渡したくねーの!//』

「うわ!リア充!!爆発しろー!!!」

「(笑)、こーちゃん、」

『だから、ごめんな(笑)』

「もう、幸せになってな!!(笑)」

「ありがとう(笑)」








そう、実はあのあと...






『あなたの下の名前、』

「?」

『もぅ、あんま離れんなよ、』

「え、いきなりなに!?(笑)」

『離れんな、って言ってんの』

「や、私赤ちゃんじゃないし(笑)」

「そーいうことじゃねーんだよ、」

「え?違うの?」

『....好きだっつってんだよ..///』

「...えぇ!!?////」

『ずっと前から...///』

「....翔太、」

『?』


バシッ!!


『いった!!』

「もっと早く言え、バカ!!」

『え?』

「今日だって、怖かったんだから!早く翔太来てくんないかな、ってずっと思ってたんだから!」

『え、それって...』

「私も、好きなの、///」

『.....ギュッ!!!!』

「うわっ!!///」


『もう、絶対離さない』

「え~、それは困る(笑)」

『...何かあったら言えよ、』

「うん、」

『何があっても、俺があなたの下の名前のこと守るから』





end.