無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

183
2021/06/22

第11話

『勘違い』 💜 ⑤


「..ッ、たっちゃん!!」

『あなたの下の名前...』

「さっきの、どういうこと?」

『....かんけーねーよ』

「関係ある!」

『ねーよ...もう、終わったことだから...』

「...ッ、わかったよ...」

『...やっぱ待って!』

「...?」

「照のとこ、戻んの?」

「...ぅん、」

『...ギュッ』

「ッ、、」

『....俺さぁ~、好きだったんだよね、あなたの下の名前のこと。けど、照といい感じだったから黙ってた...や、言えなかった。フラれんのが怖くて(笑)。でも、もう言うよ、俺、あなたの下の名前のこと好きだから。あ、過去形か(笑)、好きだったから』

「.....たっちゃん...」

「あ、いたいた、」

「ひぃ...」

『照、』

「ん?」

『あなたの下の名前のこと、これからも幸せにしてやってくれよ!』

「....何言ってんの?」

『だって、お前ら、付き合ってんだろ?』

「...え?」

「ふっか?(笑)」

『え?違うの? あんなにイチャついてたじゃん、』

「あれ、俺、言ってなかったっけ?」

『何を?』

「俺とあなたの下の名前、従兄弟だよ?」

『...えぇ!!?』

「そう、だから、付き合ってない(笑)」

『ん~だよ、それ...それであんなにイチャついてんの?』

「イチャついてなんかねーよ!(笑)」

「うん、それに、私もたっちゃんのこと好きだし....///」

『...えぇえ!!!?』

「だから、さっき倒れた理由も恥ずかしすぎてたっちゃんには言えない(笑)」

『なんでだよ!(笑)』

「だって恥ずかしいもん」

『...ま、いいや、え?てことは、俺ら、両想いなの?』

「そうみたいだね(笑)」

『やったぁ~』

「おめでとさん(笑)」

『照!紛らわしいことした罰として俺らのタピオカ奢れ!』

「はぁ?自分で払えよ(笑)」

「そうだよ~!(笑)、ほら、ひぃ、たっちゃんが買ってくれるらしいから行こ!」

「おう!」

『おい~!!彼氏をおいてくな~!!!』

「(笑)、早く来なきゃ別れるよ~!!(笑)」






やっとの思いで両想いになれた俺たち。

や~、ここまで長かったなぁ

途中、照という邪魔者が入ってくるから!(笑)

ま、でも、嬉しいからよし!!


っしゃ!タピオカ飲みに行くぞ~!!!






青空の元、新しく誕生した一組のカップルとその友達が肩を並べて仲良く歩いています






『俺があなたの下の名前を幸せにするから』

「え~?たっちゃんが?(笑)」

『そう、』

「んはっ(笑)、バケモノ(笑)」

『おぉい!!誰がバケモノだ!(笑)』

「んはは(笑)、大好きだよ、たっちゃん♡」

『(笑)、俺も大好き♡』





end.