無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

117
2021/06/27

第18話

『べっぴんさん』 🧡 ②


ガラガラガラッ


「こ、こんにちは~...」

『うぉ、かわい...///』

「え?...///」

「ちょ、康二、心の声漏れてる!(笑)」

『あぁ、すんません、(笑)』

「で、あなたがこのメモくれたんだよね?」

「はい、」

『何か興味でもあったんか?』

「あ、まぁ、相談できたんですけど、」



あぁ、そうだった、相談だった



『で、どんな相談なん?』

「あ、えっとですね、」

『あ、こっち座り、立ったままじゃ疲れてまうから』

「ありがとうございます...」


「で、どうしたの?」

「あ、なんか、モデルを探してるって書いてあったじゃないですか、それでちょっと考えてることがあって、」

『おぉ!』
「その、どんなことやるのか教えてくれたらな、って思ったんですけど」

『あ~、なるほどな!』

「ま、でも言うてちょっとポージングしたりするくらいだよ。顔も写さないで欲しいって言うなら写さないで撮るし、」

『そ!』

「なるほど...」

『ど?やる気出てきたか?』

「...明日まで待ってもらってもいいですか?」

『全然ええで!』

「ありがとうね」

「いえ!こちらこそです。」

『ちゃんとたこ焼き奢ったるからな(笑)』

「(笑)、じゃ、失礼します」

『きーつけてー!』







『「....」』



『めっちゃめちゃかわいいやん!!』

「それ思った!!!」

『茶髪でロング、もう俺の好みでしかない!!(笑)』

「背も思ったより小さかったね(笑)」

『あんくらいがかわいいんよ、女っちゅーのは』

「や~、俺も背低い女の子好きかもな(笑)」

『お、タロちゃんちっちゃい子好きになっちゃう??』

「なろっかな~(笑)」

『なれなれ~!(笑)』










明日の結果、楽しみだな...♪