第3話

─名前─
悪鬼
悪鬼
邪魔をするな…
悪鬼
悪鬼
そいつは特別な血肉の匂いがする…
悪鬼
悪鬼
すごく美味しそうなんだ…
全身、怖気がした。。。
仁藤 千聖
仁藤 千聖
ひっ…!?
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
黙れ。。。クソ悪鬼。
仁藤 千聖
仁藤 千聖
怒っているように見えた
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
悪鬼め、封印しろっっっ────!!!
蜈蚣 彗は、悪鬼に
お札を貼った────。
仁藤 千聖
仁藤 千聖
(す、すごい…)
仁藤 千聖
仁藤 千聖
(ジャンプしてお札を貼った)
悪鬼
悪鬼
あ″あ″あ″!!!
悪鬼
悪鬼
死にたくない!
仁藤 千聖
仁藤 千聖
!(苦しんでるっ…)
悪鬼
悪鬼
あ″あ″あ″!
悪鬼
悪鬼
おのれぇ″ぇ″ぇ″!人間!!!
…と、言い悪鬼は消え去った。
仁藤 千聖
仁藤 千聖
(消え、ちゃった…)
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
お前、大丈夫か?
蜈蚣 彗が話しかけてきた
仁藤 千聖
仁藤 千聖
う、うん。蜈蚣くんは?
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
っ!
なぜだか、
驚いている様子だった。
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
な、名前、覚えてくれてるのか?
仁藤 千聖
仁藤 千聖
うん!大切なクラスメイトだから!
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
!…あり、がと…
蜈蚣 彗は、微笑み
嬉しい様子だった。
仁藤 千聖
仁藤 千聖
んふふ♪
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
お前、なんて言うの?
仁藤 千聖
仁藤 千聖
私は、仁藤 千聖!よろしくね!
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
う、うん。ち、千聖…
蜈蚣 彗が千聖の名前を呼んだ。
仁藤 千聖
仁藤 千聖
!名前呼んでくれてありがとう!
嬉しかった…………
仁藤 千聖
仁藤 千聖
それよりあの悪鬼は、もう消えたの?
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
あ、うん、もう大丈夫だよ
千聖は、安心した。
だが───……
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
でもこれから気をつけて
仁藤 千聖
仁藤 千聖
え?
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
きっとまた悪鬼が千聖を狙ってくる
驚きのことを告げられた。。。
仁藤 千聖
仁藤 千聖
えっ?なんで?
この言葉が精一杯だった。
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
それは…────
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
今はやめとく、後で話す
戸惑った様子だった…
仁藤 千聖
仁藤 千聖
…分かった。けど、どうしよう…
仁藤 千聖
仁藤 千聖
私、悪鬼こわいよ
全身、震えた。。。
蜈蚣 彗
蜈蚣 彗
大丈夫、俺が千聖を守る────!
カッコよく見えた………
仁藤 千聖
仁藤 千聖
仁藤 千聖
仁藤 千聖
ありがと!彗くん!
千聖は、苗字ではなく
名前で蜈蚣 彗を呼んだ────。。。