無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

414
2018/09/29

第11話

〜恋人〜
ついに私は増田さん...と付き合うことになった。
私はいつものように朝起きた
さくら
さくら
んー!
眩しい光が部屋に照らす
私はゆっくり背伸びをしていると
ピコンッ
さくら
さくら
(誰だろ?)
私はラインを開くと
さくら
さくら
あっ、増田さんだ!(貴久って呼んでって言われたけど恥ずかしくて言えない)
増田貴久
増田貴久
おはよう☀今日暇?
さくら
さくら
おはようございます!はい!暇です
増田貴久
増田貴久
今日どっか行かない?
さくら
さくら
はい!行きたいです
増田貴久
増田貴久
良かった。
じゃあ10時に〇〇に待ち合わせね
さくら
さくら
了解です
さくら
さくら
やばい、時間が無い、もう9時じゃん
さくら
さくら
(私は8時半すぎに起きた)
私はすぐに支度を済ませた
そして
私は10時より少し早めに着いた
さくら
さくら
(私少し早く来すぎちゃったかな)
私は緊張してその場をウロウロしている
すると
ピコンッ
さくら
さくら
あっ増田さんから
増田貴久
増田貴久
お待たせ!
さくら
さくら
え?どこいますか?
増田貴久
増田貴久
いるよ!目の前
私は必死で周りを見渡すと
さくら
さくら
あっ!
確かに目の前にいた
増田さんはこっちに向かって手を振っている
私は走って増田さんのところに行った
さくら
さくら
おはようございます
増田貴久
増田貴久
おはよ
さくら
さくら
何時についたんですか?
増田貴久
増田貴久
9時40分ぐらいかな
さくら
さくら
えっ、私より早く着いてたんじゃないですか!
増田貴久
増田貴久
さくらがうろうろしてたの見てた笑
さくら
さくら
(えっ、うそ恥ずかしい////)
増田貴久
増田貴久
可愛かったから見てた
さくら
さくら
////
増田貴久
増田貴久
(可愛い)
さくら
さくら
もー、行きましょう
増田貴久
増田貴久
うん笑
さくら
さくら
どこ行きましょうか?
増田貴久
増田貴久
そうだねー
さくら
さくら
あの、増田さんと行きたい場所があるんですけどいいですか?
増田貴久
増田貴久
いいよ、どこ?
さくら
さくら
内緒です!
私たちは歩いてその場所に向かった
さくら
さくら
とーちゃーくでーす
増田貴久
増田貴久
なんだここー!めっちゃ綺麗
さくら
さくら
ここはですねー、私のお気に入りの場所です!
さくら
さくら
疲れた時にたまにここに来て気持ちを落ち着かせてるんです!
増田貴久
増田貴久
そうなんだー!確かに気持ちが落ち着くわ
さくら
さくら
ですよね
さくら
さくら
増田さんも疲れた時に来てもいいですよ
増田貴久
増田貴久
いいの?
さくら
さくら
増田さんだけ特別です
増田貴久
増田貴久
やったー、ぜってー来るわ
さくら
さくら
増田さんにに会えてから毎日が楽しくなりました!
増田貴久
増田貴久
そう?
さくら
さくら
はい、私恋愛はいいかなって思ってたんです。でも増田さんにに会ってから気持ちが変わったというか、恋愛も悪くないなって思えてきて、だからきちんと増田さんと向き合おうって思いました!
増田貴久
増田貴久
そうだったんだ、今更だけどあの時突然でごめん
さくら
さくら
いいですよ、今思うと増田さんすごいなって思いますし
増田貴久
増田貴久
そうか、
さくら
さくら
増田さん!これからもずっと一緒にいてくれますか?
増田貴久
増田貴久
当たり前だろ!
しかもそれ俺のセリフだし、さくらこそ俺と一緒にいてくれる?
さくら
さくら
もちろんです!
私と増田さんはキスを交わした