無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

567
2018/05/27

第4話

〜秘密〜
増田貴久
増田貴久
ごめん、やっぱり送らせて
私は思わず
さくら
さくら
はい、
結局増田さんに送ってもらうことになった
車で送ってもらっている途中私は
さくら
さくら
あの、今日増田さんなんでこの学校に来たんですか?
増田貴久
増田貴久
いやー、俺ここの卒業生で急にあの学校に行きたくなって来たんだ
さくら
さくら
そうだったんですか、でもなぜ放課後に?
増田貴久
増田貴久
いやー、スケジュールがいっぱいで出てこれなかったんだ
さくら
さくら
みんな昼間に来るかと思って待ってましたよ笑
なんだかんだ増田さんと話をしていると私の家に着いた
さくら
さくら
私の家右曲がったとこです
増田貴久
増田貴久
とーちゃーく
さくら
さくら
ありがとうございました。おやすみなさい
増田貴久
増田貴久
おやすみ
私はお礼を言い家の中に入った
おふろ入った後
さくら
さくら
あー、つかれたー!
私はベッドに横たわる
私は今日増田さんに告白された。
さくら
さくら
いきなり告白されたのはびっくりしたけどいい人そうだったな
正直、私は増田さんに興味を持ち始めている
さくら
さくら
どうしよう、増田さんと友達になったってことゆうりにいうべきかな
さくら
さくら
私が増田さんに告白されたって知ったらゆうりショックうけるだろうな
私はゆうりに悲しんで欲しくないと思い、秘密にしておこうと思った