無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

393
2018/09/29

第9話

〜うそだ〜
  次の日の朝
私はいつものように朝起きて学校の準備をしている
するとふと昨日のことを思い出した
さくら
さくら
昨日の庭園綺麗だったなー!
しかも増田さんと会っちゃったし
まさか、本当に来るとは思っていなかったし、
また会えるかなー!
そう思っていると、
さくら
さくら
やばっ!早く行かないと遅刻しちゃう
私は急いで学校に向かった
学校に着くといつものように
ゆうり
おはよー!!
さくら
さくら
おはよー!!
ゆうり
ねえねえさくら聞いたー!news新曲出るってー!
さくら
さくら
そうなの?よかったねー
ゆうり
うん!だからねCDもう予約したんだよー!
さくら
さくら
行動早いね!!さすがゆうり
ゆうり
ねー!さくら今日帰りどっか寄って帰らない?
さくら
さくら
いいよ!遊んで帰る?
ゆうり
うん!
放課後ー
ゆうり
やった!放課後だー!さくら早く帰ろー!
さくら
さくら
だねー!
私たちは学校を出て
さくら
さくら
最初どこに行こっかー?
ゆうり
んー、CDショップ行こーよー
さくら
さくら
行こっか
私はそんなにCDショップにはいかないけど今日は行ってみよっかな
ゆうり
みてみてnewsだよー!
あっ!増田さんだ
やっぱり増田さんは有名人なんだよね
世界が違いすぎる、なのにそんな人が...
いつも、なんで私?って思う
増田さんならもっと綺麗な人が似合う
そんなことを増田さんを見て思っていると?
ゆうり
あれ?さくらnews好きなの?
ゆうりは嬉しそうにこっちを見ている
さくら
さくら
うん、最近ちょっと興味を持って
ゆうり
そうなんだー!!っで誰が一番好きなの?
さくら
さくら
んー、増田さんかな
ゆうり
あー、まっすーね!かわいいしねー
さくら
さくら
うん、
正直増田さんは憧れの存在だ
ゆうり
あー!!ねえねえねえねえ、やばい!
ゆうりが大きな声を出した
さくら
さくら
ゆうりどうしたの?
ゆうり
まっまっまっまっまっすー!!
さくら
さくら
えー?まっすー!?どこ?
ゆうり
あそこ!
目を向けた場所には増田さんが綺麗な女の人と歩いていた
さくら
さくら
え?
隣のあの女の人誰だろ、すっごい綺麗な人だった
ゆうり
ねー、あの女の人誰だろねー!
さくら
さくら
うん、
私はあれからずっと気になっていた
ゆうり
さくらどうした?ずっと上の空だよ
さくら
さくら
大丈夫、ちょっとお腹空いちゃった
ゆうり
そう?ならいいけどー
それから私たちはお茶をして帰った
家をついた私はラインを見た
でも増田さんからは何もきてない
さくら
さくら
私から入れようかな
でもなー、用はないし
すると、携帯が鳴った
さくら
さくら
あっ!増田さんだ!
増田貴久
増田貴久
こんばんは!元気?
さくら
さくら
こんばんはー!バリバリ元気です
増田貴久
増田貴久
そう?よかったー!
私はあの女の人が気になって仕方ない
増田さんに聞きたい
でも聞いたら私がやきもちを焼いているみたいだ
今日何してたかだけ聞いてみようかな
さくら
さくら
今日は何してたんですか?
増田貴久
増田貴久
今日はねーずっと仕事だったよ
え、うそだ。女の人と会ってたよね
なんで嘘ついたの?
さくら
さくら
すいません、もう眠いんで寝ますね!おやすみなさい
私は少し冷たく送ってしまった
増田貴久
増田貴久
おやすみ
増田さん、傷ついたかな
うんうん、増田さんが悪いんだもん
嘘つく必要ないじゃん
知らない!
増田さんの顔見たくない
明日は土曜日だ。
ゆうりでも誘って遊びにでも行こっかな