無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

自己紹介
セイ
セイ
なぁ、お前
名前はなんだ?
櫻井彼方
僕は櫻井 彼方です。
よろしくお願いします。
セイ
セイ
おまえ、ゆーかいされてんのに
よろしくなんて
面白いやつだな!!笑
櫻井彼方
あの、余計なお世話かと思うんですけど
これは、誘拐ではなく“人質”というのでは?
セイ
セイ
あ?
櫻井彼方
いえ、何でもないんです。

勘違いです…
セイ
セイ
そう、これは誘拐ではなく
れっきとした人質にされたのだ。
でも僕は、何故か恐怖はなく
どちらかと聞かれればワクワクしていた。

櫻井彼方
この後、どうするんですか?
セイ
セイ
そーだなぁ。
とりあえず…
櫻井彼方
セイ
セイ
おれが誰か知ってるか?
櫻井彼方
いえ、知らないです。
すみません
セイ
セイ
そうか

そうだよなぁ
櫻井彼方
覚えていないんですか?
セイ
セイ
あぁ。
覚えているのは、名前だけだ。
櫻井彼方
お名前は何ていうんですか?
セイ
セイ
うーん。たぶん

セイ

だと思う
櫻井彼方
そう…ですか。

強盗の彼、セイと逃げ回る生活は
彼方にどんな影響を与えるのか
まだ、彼方には知りもしなかった。