プリ小説

第2話

きっかけ
10年前…





「ねーねー、みーちゃんって好きな子いるの?」

『えっ…い、いるわけないじゃん!り、龍くんはいるの?』

「うん!ぼく、みーちゃんが大好き!!」


ドキッ

『ほんとに?』

「うん!だからね、大きくなったらみーちゃんと結婚するの!約束だよ!」

『…うん!約束!!』

まだ小さくて好きって気持ちにまだ気づけていなかったのかもしれない。それでもキミを好きになることに時間はかからなかった。
離れていてもずっとキミのことが忘れられなかった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

笑神さん
笑神さん
LDH大好きです! 特にGENERATIONSが大好きです( Ꙭ) スポーツではバスケ部なんでバスケが好きです笑