無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

♪ 青春の合図 ♪
その後、放心状態でぼーっとしていると
ステージの脇から彼女がメンバーと
出てくるのが見えた

気付けば俺は走って彼女の側まで
駆け寄っていた

((ど、どうしたんですか、?

目の前で何も言わず立ち尽くす
俺を前に戸惑いながらそういった

男)大丈夫?

男」しりあい?

((い、いや、知らないけど、

翔)お、俺、渡辺翔
同じ1年、

((渡辺くん、?どうしたの、?

翔)名前教えて欲しい

((名前?私はあなた
向井あなた!

あなたちゃん、

翔)歌、歌すごいよかった!
声に一目惚れしました!

貴)ほんとに!?嬉しい!
ありがとう!

翔)それと、その、あなたちゃんに
一目惚れしました!友達になってください!

貴)え、え!?

男】ふっ、面白いやつだな

貴)え、えと、友達からのよろしくね、?

翔)うん!ありがとう!
絶対好きにさせるから!

男】なぁ翔!俺は松村海斗!
よろしくな!

翔)うん!

男」僕は岩橋優大

男)俺は水内桐人

この時、僕の青春は動きだした