無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

♪ 告白 ♪
あの後、時間がすぐに迫っていて
気まづいまま初ライブ初日を
迎えることになってしまった

貴)ありがとうございました!!!
また明日もお願いします!


ライブが終わり僕らは舞台袖にはけた

翔)あなたちゃん、!

貴)な、なに?

翔)ちょっと来て

貴)えっ、

僕はあなたちゃんの手を取り
屋上まで連れていった

ー屋上ー

貴)どうしたの?

翔)ねぇ、正直に答えて欲しい

貴)なに?

翔)どうして泣いてたの?

貴)な、泣いてなんかないよ、!

翔)嘘つかないで
ねぇ、期待してもいいの、?

貴)それはっ、

翔)僕が好きなのはあなたちゃんだけだよ
ねぇ、そろそろ答えを聞かせて?

貴)私は…

貴)私も、渡辺くんが、好きです、

翔)ほんと、?

貴)私、恋とかしたことなくて
好きとか全然わからなかったけど、
渡辺くんが演技でも他の子に好きって
言ってるのが、すごく嫌だった、

貴)やっとわかったの、
私、渡辺くん好き!

ギュッ

貴)えっ、(照)

翔)やっと、やっと振り向いてくれた

貴)待たせてごめんね

翔)僕と、付き合ってください

貴)はい!

ギュッ

翔)絶対離さないからね?

貴)私も離れないからね!