無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

♪ 月日 ♪
あの日から月日が経った
僕達は色々な思い出を増やしていった
そして僕は軽音楽部に入り
あなたちゃん達と同じバンドに入り
ギターをする事になった

貴)渡辺くんの成長スピード早いよねぇ

桐)ほんとね
追い越されるぅ

翔)パートが違うでしょ笑

優)それとあなたちゃんとの
距離も1年だけでぎゅってしたね!

翔)僕まだ諦めてないからね

貴)ちょ、もぉ(照)

海)まぁまぁ!
じゃあ新しい曲でも決めるか!
翔が入って初めての文化祭の!

貴)だね!いいライブにしよ!

優)ツインギターだもんなぁ
曲の幅増えて嬉しいなぁ!

桐)何やろうかなぁ

翔)何がいいかなぁ

貴)私、Startやりたい!

海)あ〜いいじゃん!

貴)青と夏もいいなぁ

翔)どっちもやろうよ!

優)翔はやりたい曲ないの?

翔)僕?ん〜僕はラブフェチやりたい!

桐)じゃあその3曲にしよう!!

夏休みまで後少し