無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14話
部下
部下
まぁまぁいいから……入れてください
ガチャ
あなた
あなた
あ、おか……
北人
北人
あ、あなた!これは違うんだ!
北人先輩焦ってる〜w
私は北人先輩の腕を組んだじょうたいだった
あなた
あなた
大丈夫…ご飯。食べます、?
部下
部下
うんそうするわ
北人
北人
お前!あなたの方が歳上なんだから敬語使え!
部下
部下
はいはーい
あなた
あなた
……
北人
北人
おいお前もう帰れよ
部下
部下
え〜わかった〜
北人
北人
もう喋りかけんなよ
あなた
あなた
そんなこと言ったら。可哀想でしょ。
北人
北人
あなたはあの女のことウザイとか思わないの?
あなた
あなた
うんウザイとか逆に思いたくないもん
北人
北人
あなたが。そう言うんなら……
あなた
あなた
私。もう寝るね
北人
北人
うん
あなた
あなた
おやすみ。
北人
北人
おやすみ
私はベッドに入り…
隣は北人がいたので。トイレ行くふりをして。トイレで泣いていた……
翌日
あなた
あなた
行ってらっしゃい
北人
北人
行ってきます……ってあなた今日事務所……行く日だよね?
あなた
あなた
あ、そうだった!
北人
北人
GENERATIONSでしょ、?……男ばっかり。
あなた
あなた
大丈夫北人以外興味ないから
北人
北人
良かった、じゃ、行ってくるね
あなた
あなた
うん
部下
部下
北人さーん!迎え来ちゃいました
北人
北人
……
部下
部下
北人さーん?
ちゅ
北人
北人
は。?
あなた
あなた
ッ…
部下
部下
だって〜北人さんがァ話さないからァ〜
北人
北人
まずキスすんなよ
部下
部下
えぇ〜
あなた
あなた
……トコトコ。
私は年下の女の子と北人の隣を過ぎて……横に歩き。早足で事務所に向かった