無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話
北人
北人
それ。どゆうこと。なんで追い出したの。
理事長
理事長
それも分かりません。だけど。この学校から追い出してもいい生徒はここのプリンスルームにいる人しか追い出されません。
樹
俺。あなたの事絶対に追い出すわけが無い
北人
北人
おれも
慎
おれも
壱馬
壱馬
おれも
理事長
理事長
では。瑠花…さん。ですか、?
藤川瑠花
藤川瑠花
な、なわけがないじゃない!
理事長
理事長
本当ですか?
藤川瑠花
藤川瑠花
当たり前私もあなたの事がだーいすきだから、
理事長
理事長
……では。誰でしょう。
壱馬
壱馬
理事長じゃないの?
理事長
理事長
私はそんなことをするわけがございません
壱馬
壱馬
まぁ。そうだよなぁ。
理事長
理事長
あ、でも。追い出す時に指の印鑑?そうゆうのをするんですよね?
壱馬
壱馬
たしかに。それで検査して、相手が見つかるかも
藤川瑠花
藤川瑠花
ッ……
北人
北人
確かにそれいい
理事長
理事長
では。まずは皆さんの指紋を取らせていただきます
北人
北人
うん
藤川瑠花
藤川瑠花
ッ……
数時間後
北人
北人
あ、どうだった?
理事長
理事長
……やはり。瑠花さんでした
藤川瑠花
藤川瑠花
……
北人
北人
どうゆう事だよ
壱馬
壱馬
そうだよ
藤川瑠花
藤川瑠花
だって…あなただけ。ずるかったもん…
壱馬
壱馬
は?
藤川瑠花
藤川瑠花
モテてばっかり。私の大好きな壱馬が取られると思って。
ガチャ
あなた
あなた
はぁはぁ。