無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

なにかが
あなたside
あなた

明日は…午後からか!

あなた

じゃあ帰るの遅くなっても平気だよね。

私は真ちゃんのそばにしばらくいた。


でもしばらくすると眠気が襲ってきていつしか眠りについていた。
ーー夢ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
與真司郎
與真司郎
あなた…好きだよ…
あなた

ん…

〔ちゅ〕
あなた

私も好きだよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
唇に生暖かい感覚があった。それはリアルでびっくりした。
あなた

ん…朝?

あなた

ふぁぁ

與真司郎
與真司郎
おはよ
あなた

おはよー…って…あえ⁈⁈

あなた

(あ。最悪。私とんでもない夢を見た…)

あなた

ああ。私病院で寝ちゃったのか…

與真司郎
與真司郎
うん。そばにおってくれたんや。ありがとな。
あなた

ぜ…全然!あ。ののの飲み物買ってくるね!

與真司郎
與真司郎
う、うん笑
〔コツコツコツ〕
〔ドンっ〕
與真司郎
與真司郎
え。
あなた

いったぁ〜!!

與真司郎
與真司郎
ぷっ。ははは!あはははははは!そこ笑笑普通にドアあるやん笑笑あははははは!!!
あなた

だっ…

あなた

だってえーー

やばい普通に真ちゃんと喋れない。
與真司郎
與真司郎
よしよし痛かったな
と私の頭を撫でてきた真ちゃん
あなた

(今日の真ちゃん甘々なんだけど⁈)

もう驚きを超えて放心状態になってしまった。
〔ガラガラ〕
西島隆弘
西島隆弘
真司郎ーケーキ買ったき……た…。え。
あなた

あ。

與真司郎
與真司郎
お!にっしー!ケーキか!じゃあ3人で食べよか…
〔ガラガラ〕
西島隆弘
西島隆弘
お取り込み中すみませんでした!
なんていう可愛い声が聞こえてきた
〔カツカツカツカツ〕
あなた

え。お取り込んでないし!!!帰るなし!!!

あなた

んもぅーーーー!!!ちょっと待ってよ!

〔ガラガ…((がしっ
あなた

え?真ちゃん?

與真司郎
與真司郎
行かんで。
あなた

え。あ。うん。わかった。

なーんか最近の真ちゃん変わったなー
なにかが変わってるような気がする

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

茜華
茜華
aヲタです、 あまり更新できませんが頑張ります、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る