無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

眠れない夜
〔プルルルルップルルルルッ〕
あなた

んんー…。なに?こんな朝から…

今日の朝は早々電話の着信音で起きてしまった。
あなた

もしもーし…おはようございます。なんですかー?

マネージャー
あなたのインスタグラムとツイッターにされてるコメント見て早く!!!
あなた

ええ?はい…。

〔ぷつっ〕
あなた

インスタグラム…っと。

あなた

……っえ。

「なんか花咲あなたがAAAのメンバーと個々に会ってるの見たんだけどー」
返信
「私も見たー。なんかめっちゃ馴れ馴れしかったんだけどー」
返信
「まさか花咲あなたってビッチ?」
返信
「かもねー。AAA全員を落とそうとしてんじゃない?w」
返信
「うっわ。さいてー。きもちわるっ」
あなた

嘘…そんな…こと……。

〔ピコン〕
あなた

え…?

LINE
與真司郎
與真司郎
まりあ!大丈夫⁈俺コメントしといたで!
あなた

そんなことしなくてもよかったのに

與真司郎
與真司郎
気が済まん!俺はあなたの味方やからな!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうだよ。こんなことまでくじけてちゃ生きてけない。
あなた

こんなことでくじけてる場合じゃない!
仕事行かなきゃ!!!

……
あなた

おはようございます!!

スタッフ
おはようございます…
モデル達
あなた

…(やっぱみんな気にしてるのかな…)

スタッフ
あなたさん…。これ…
渡されたのはぐちゃぐちゃになった一枚の紙だった。そこには
「ビッチめ」「きもちわるい」「最低」「もうAAAに近づかないで」
あなた

…っ

モデル達
なんであんたの気まぐれで私たちやこの事務所がこんな思いしなくちゃいけないのよ。もうよして。
あなた

……すみませんっ…

〔コツコツコツ〕
〔ドンッ〕
モデル達
ごめーん。暗くてよく見えなかったわー。
あなた

ええ、大丈夫です…

こんな扱いになるなんて…

スタッフによるといつも編集やポーズ、表情作りがうまい私に嫉妬していてそれが爆発したんだと…。
あなた

私だって勉強して努力してここまで来てるのに…

マネージャー
今日は帰りなさい。
あなた

…!でも!

マネージャー
いいから。これ以上ここにいたって苦しいだけ。
あなた

…はい。

モデル達
いい気味
あなた

私これからどうなるんだろ。休止したほうがいいのかな。それとも…

引退
この二文字が頭をよぎった。







そんな眠れない夜を過ごした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

茜華
茜華
aヲタです、 あまり更新できませんが頑張ります、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る