無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

寄り添って
今日はもともと休みだったので朝からのんびり過ごす。
早速ソファに座りテレビをつけると



花咲あなた インスタで炎上



とあった
あなた

っ…

〔プルルルル〕
あなた

ん、後輩ちゃん?

後輩
もしもしあなた先輩⁈
あなた

もしもし

後輩
大丈夫ですか⁈
あなた

うん…

後輩
嘘だ。大丈夫じゃないでしょ。
あなた

ふふ。うん。

後輩
なんで先輩たちあんなに態度変えたりしたんでしょう…。私はあなた先輩の味方ですから!これだけは忘れないでくださいね!!!
あなた

ありがとう。

〔ぷつっ〕
あなた

みんなに心配させてる。これ以上迷惑をかけるわけにはいかない。

〔ピンポーン〕
あなた

はーい

〔ガチャ〕
あなた

えっ…みんな、なんで。

西島隆弘
西島隆弘
ちゃんとインターホン確認しなきゃー。
末吉秀太
末吉秀太
おじゃましまーす。
日高光啓
日高光啓
アロマ焚いてるんだー。
宇野実彩子
宇野実彩子
綺麗なお部屋!
浦田直也
浦田直也
ほんとだー
與真司郎
與真司郎
〔ポンポン〕みんなついてるで。だから話してみ。〔ニコっ〕
あなた

うん…

……
末吉秀太
末吉秀太
…気にしてるんだろ。
あなた

んー。まあ…ね

日高光啓
日高光啓
俺らはあなたのことビッチなんておもってないよ?
あなた

うん。別にみんなを信じてないわけじゃないけどなんか不安になっちゃう…

浦田直也
浦田直也
そっか。ゆっくりでいい。今のあなたには吐き出すってことが必要。だから聞くよ?
あなた

うん。私ねあまり人との関わりが好きじゃなかったの。昔から信頼できる人なんて少なかった。昔友達に裏切られたことがあったから。

西島隆弘
西島隆弘
うん。あったね。
あなた

だからね。みんなが仲良くしてくれて私を信じてくれて嬉しくて。ちょっと思い上がってたのかも。

宇野実彩子
宇野実彩子
そんなことない!!!あなたのことを信じてるのは本当のことだよ。思い上がりなんかじゃない。
あなた

ぐすっ

與真司郎
與真司郎
俺らはあなたのこと信じてるし守るから。
あなた

ぐすっぐすっ。みんなぁ泣かさんといてぇ

AAA
AAA
笑笑
末吉秀太
末吉秀太
かわいいなぁほんと。
あなた

やだ。思ってないでしょ。

末吉秀太
末吉秀太
思ってるわ笑笑
日高光啓
日高光啓
笑笑なんか秀太とあなたいいコンビになりそう。
浦田直也
浦田直也
たしかに笑
AAA
AAA
笑笑
西島隆弘
西島隆弘
みんなあなたの味方なんだからあんなこと言われても堂々としていなよ。
あなた

うん。ありがと。隆が連れてきてくれたんでしょ?

西島隆弘
西島隆弘
ううん。真司郎が。みんなで行かないとあかんねん!つって。
あなた

そうだったんだ。心配させちゃったね。

私の気持ちにこんなに寄り添ってくれる人初めて。
みんなと出会えて本当に良かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

茜華
茜華
aヲタです、 あまり更新できませんが頑張ります、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る