無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

私について
今日は少し真面目な話をします。
私は、間違えること(テストの問題などは大丈夫)、無視されること、恥ずかしい思いをすることが死にたくなるほど嫌で、そういうことがあると情緒不安定になったり、誰とも話せなくなったりしてしまいます。
ネットを始めたのは、ネットを通して推しを見たいというのもありますが、ネットでなら人と話せるかもしれない、という考えがあったからです。
今は、たくさんのネッ友さんもいて、楽に話せるようになってきましたが、リアルではまだ難しいです。
最近になってそう感じることは少なくなってきましたが、いつそういうことが起きるかは分からない。
ずっと恐怖を抱えて生きています。
生きるのが辛いわけじゃないです。
ちゃんと寿命で死ぬまでは生きていたい。
1か月前くらいはすごく不安定でした。雑談部屋とか見返したら分かるかもしれないです。
語彙力無さすぎて何言ってるか分からないけど。
まとめるのが難しいですね。





そして2つ目((2つもあるんかい
私は、最近になって気づいたのですが、同性が好きかもしれないです。
ちゃんとリアルで好きな人もいます。女性ですが。
今日、友達に「彼氏いるの?」と聞かれました。
同性が好き、とは言い出せずに、私は「居ないよ」と答えましたが、とても辛かったんです。
人は異性を好きになる、という考えが『普通』。
だから、女子の私には『彼氏』という男子を指す言葉を使われた。
親は私に、ちゃんと結婚して子供を産んで欲しいと思っている。
尚更親には言えなくて…




そして、最近私の性別がよく分からなくなってきました。
自分が女子だということは分かるし、理解もしてる。
でも、女子でいることが嫌になったり、男子になりたいと思ったりすることが増えてきて。
私も男子と馬鹿騒ぎしたい。でも女子(しかも私はぼっち陰キャ)がその輪の中に入っていったらおかしく思われる。
自分がどうありたいのか、どういう風に生きていきたいのかがよく分からなくなりました。




同情してほしいわけじゃないんです。
ただ、こういう人もいるんだよ、ということをわかって欲しい。
そして、私はこういう人なんだよ、ということを知って欲しいです。
急にこんな話してごめんなさい。
これからもいつも通りに接して欲しいです。
(ちなみに、私にとって推しは恋愛対象では無いため、私の推しはほぼ男性です。)
よろしくお願いします。
                  りんご