無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第1話 凛音の過去
32
2022/04/05 06:22
櫻井 凛音
櫻井 凛音
お兄ちゃん、お姉ちゃんこれからも、ずっとずーっと!一緒だよ!!
と、ずっとその思いを胸に、兄妹と一緒に楽しく暮らしていた。…あの悲劇が起こるまでは……。
櫻井 凛音
櫻井 凛音
お兄ちゃん……?お姉ちゃん……?
そこにはナイフが丁度胸元辺りに突き刺さってる兄と姉。手足が完全に無く、肉片や骨、内蔵などがそこらへんに散らばっていた。
櫻井 凛音
櫻井 凛音
なんで…?置いていかないで……?
私はぽたぽたと泣く涙でお姉ちゃんのほっぺを濡らた。その涙を拭いて、私は言った。
櫻井 凛音
櫻井 凛音
あぁ……、私って約立たずで最低で惨めな人間だ……。
ごめんなさい。と、思いながらまたじわっと涙が溢れだしてきた。どうやら私はこの状況で"死ぬ事"がトラウマになってしまったようだ。
ある日のこと私は1人で学校を通ってる時、
『凛ちゃん家族なくしたんだって……。』『うわ可哀想w』
そうやってヒソヒソと笑ってる不気味な笑顔がそこら中に響き回る。
そしてある日の帰りの時よく遊んでからかってる男の子が、
『お前家族を殺しただろ。』
と、言われた。私は思わず、
櫻井 凛音
櫻井 凛音
殺してない。
と言った。しかし、
『犯罪者が殺しても殺人は殺人なんだよ。』
ゆらり。そんな一言で頭が揺らぐ。
『なんか言えよ。』
なにも言えない。抵抗できない。怖い。死にたいと思った瞬間何かが突き刺さってきた。私はそこで人生が終わってしまった。

目を覚ますとそこは雲の上。
凛音
凛音
ここどこ……。
と思って、歩いてみると大きい体の神様らしき人物が王座に座っていた。
凛音
凛音
貴方様は……。
神様(校長)
この世の神様だ。恐るでない。襲わない。もう大丈夫じゃ、ここに来なさい。
凛音
凛音
は、はい……。
一旦何言ってるか分からなかったが、大丈夫だとさとった。この世に神様なんていたんだ。
神様(校長)
凛音というのじゃな、いい名前じゃな。よく聞いてくれ……実はな……凛音は…死んでるんじゃ。
凛音
凛音
し、死んでる?!後なんで僕の名前……。
神様(校長)
そうじゃ。お前の名前は既に把握しておる。
そう言われて僕は頭が真っ白になった。というか一人称も変わってるし見た目が……。
凛音
凛音
み、見た目がメンヘラっぽいし……コスプレイヤー?
神様(校長)
凛音は愉快じゃのぉ。
凛音
凛音
神様……これはどういう……システムなのですか?
神様(校長)
シ、システム…、すごいこと言うのぉ。
神様(校長)
ま、まぁ良かろう。お前さんは死んでしまって運良く生まれ変わる運命……なのだが、よく聞いてくれ。
凛音
凛音
はい…。
神様(校長)
死んでいるということだ。
凛音
凛音
……え?
神様(校長)
それに、小中高の共同天悪学校に行ってもらう。
凛音
凛音
天悪学校って……。
神様(校長)
お前さんが初めてなんじゃ。
凛音
凛音
えぇぇぇえええ……(困)
神様(校長)
そんなわがまま言うんでは無い。
凛音
凛音
ぼっちじゃん……。
神様(校長)
あ、そういえば。
凛音
凛音
どうしたんですか?
神様(校長)
お前さんの名前にそっくりな2人がおってな……。
悪凛音
悪凛音
こんにち……。
天凛音
天凛音
おはようござい……。
凛音
凛音
こんばん……。
凛音
凛音
わ?
天凛音
天凛音
ま?
悪凛音
悪凛音
は?
神様(校長)
ゑ、どうかしt
悪凛音
悪凛音
妹よぉ!無事だったのかぁ!!(泣)
天凛音
天凛音
よかったぁぁぁあ!!
凛音
凛音
や、やめてよぉ!w苦しいよ!2人とも!(嬉しいけど…)
神様(校長)
な、なるほど!兄妹だったのか!よし。3人共天悪学校へ!
悪凛音
悪凛音
天悪学校って……。
神様(校長)
それは凛音に言ってもらう!直ちに学校へ!
凛音
凛音
ボクゥ?!
神様(校長)
行ってらっしゃーい👋
凛音
凛音
おーい話聞けぇ!
(到着)
ドンッ!(上から降ってきた衝撃)
凛音
凛音
イッテテ……
悪凛音
悪凛音
ってここ……でかくね?!
天凛音
天凛音
確かし。
凛音
凛音
周りに天使と悪魔がうじゃうじゃいるじゃん。
天凛音
天凛音
怖いじゃん。
悪凛音
悪凛音
広いじゃん。
凛音
凛音
2回目使うなし。
凛音
凛音
……これからどうするの。
悪凛音
悪凛音
どうするって言われても……。
天凛音
天凛音
………。
凛音
凛音
どうしたん。
天凛音
天凛音
えっ!あ、あぁ……私か……なんか………。
凛音
凛音
おん。
悪凛音
悪凛音
で?
天凛音
天凛音
…なんか……どっかで見た事あるんじゃない?
悪凛音
悪凛音
え、どr
凛音/悪凛
見覚えあるじゃん。
天凛音
天凛音
なんかあの銅像……どこかに見覚えが………。
悪凛音
悪凛音
あ…あの銅像……さっき会った……。
凛音
凛音
もしや…………。
凛音兄妹
あの神様?!