無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

うそ…だろ?
紫耀side



しばらく俺以外のメンバー以外のすすり泣く声が静かな病室に響いてた


その時沈黙を切ったのは俺だった…
平野紫耀
あなたが1番苦しいはずなのにあなたが1番辛いはずなのに俺らが泣いてたら意味ないじゃん?
違う…違う…本当は泣いてない理由それじゃない…


けど…言えないから…みんなには…




関西から離れる時アイツらと約束したこと…




大吾とか流星とかに言われたこと…

「何かあった時お前だけは絶対泣くな…
お前が泣いたらあなたが不安になるから…」

だから…泣かない!俺は!
神宮寺勇太
そうだなっ!今泣いててどうするんだって話だよな
岩橋玄樹
紫耀にしてはちゃんとしてるし!w
永瀬廉
ふふっw確かに笑
高橋海人
笑ってないとあなた起きないかもしんないし?w
あなた

……ん…ピクッ

岸優太
今…あなたが動いたっ!
平野紫耀
よしゃっー!
永瀬廉
まぁあなたも大変だなw
神宮寺勇太
てか、ナースコール!w
岩橋玄樹
あ!忘れてたw
先生が来て


先生)普通より早い目覚めですね!このままだとあと1週間くらいで退院出来ますよ!
永瀬廉
ホンマですか?
先生)はい!
高橋海人
よかったねぇー!
神宮寺勇太
本当によかった!