無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

お昼ご飯
〜〜〜
クロード
ありがとうございます。
メリー
お口に合うといいんですが…
クロード
……美味しい!今まで食べてきた蜂蜜の何倍も美味しいです。
メリー
良かったです。
クロード
ホットミルクとも、よく合っています。
メリー
ありがとうございます……
あ、明日は、一緒に頑張りましょうね。
クロード
はい。女性が居るだけで安心です。
メリー
5人中、3人男性ですもんね。
クロード
ホットミルク飲んでたら、眠たくなってきました。ありがとうございます。
メリー
いえいえ。では、おやすみなさい。
クロード
はい。おやすみなさい。
〜〜〜
その後はぐっすり熟睡できました。
〜〜〜
クロード
おはよう。
トレイシー
あ、おはよー。
フィオナ
おはよう。今日は早いね。
クロード
うん。凄く目覚めも良かったんだ。
ウィラ
今日は朝から順調ね。
エミリー
おはよう。
エマ
おはようなの!え、クロード!?
クロード
おはよう、エマ。
エマ
き、今日、初めてクロードに負けたなの……
エミリー
起きた時間で勝ち負けなんて……
クロード
今日は、頑張らないといけないから。ね?
エマ
エマも頑張らないとなの!
〜〜〜
クロード
じゃあ、そろそろ取りに行こうかな?
エマ
じゃあ、行こ〜♪
エミリー
ついて行くわ。
ウィラ
行ってらっしゃい
フィオナ
いってらっしゃ~い
トレイシー
ばいば~い
〜〜〜
ナイチンゲール
いらっしゃい。荷物よね。
クロード
はい。お願いします。
ナイチンゲール
ちょっと待っていてね。
〜〜〜
ナイチンゲール
はい。どうぞ。
クロード
ありがとうございます。
ナイチンゲール
あ、えっとね、右の箱に黒い布とチェーンが入っているわ。左の箱には、残りの2種類の布が入っているわ。
クロード
分かりました。
エマ
じゃあ、エマはこっち持つなの♪
[左の箱]
クロード
じゃあ私は、こっちね。[右の箱]
エミリー
何も手伝う事がないわね…
エマ
エマが疲れたら、持って欲しいなの〜💦
エミリー
って事は、重たくてそう長くは持てないって事ね。
〜〜〜
エマ
ただいまなの~
ウィラ
おかえりなさい
エミリー
あ~…重かったわね…
クロード
ちょっと重かったね…
フィオナ
これから準備があるのに、もう体力使っちゃって大丈夫?
クロード
んー…頑張ればなんとか大丈夫だと思うよ。
エミリー
そういえば、トレイシーは?
ウィラ
工房に行くって言ってたよ。
エミリー
なるほど。
クロード
まだ早いけど、今からゆっくりお昼食べようかな?朝ご飯食べてないし…
ウィラ
私も食べよ~っと。
フィオナ
作ってくれるの?ウィラちゃん♡
ウィラ
はいはい。気分は何ですか?
フィオナ
やったね♪じゃあ私は、パスタ〜
エマ
エマもパスタがいいなの♪
クロード
じゃあ、私も…
エミリー
なら私もパスタで。
ウィラ
おっけー。じゃあ、ちょっと待って居てくださいね。
〜〜〜
ウィラ
出来たよ〜
フィオナ
やった〜♪何パスタですか〜?
ウィラ
ほうれん草ときのこの和風パスタよ。
エマ
美味しそうなの♪
5人
いただきます。
フィオナ
美味しい〜♪
エミリー
丁度いい濃さね〜
クロード
お店出せる……
エマ
このきのこなら、食べられるなの♪
エミリー
お、きのこ食べれてるわね。じゃあ今度から和風パスタを作りましょ。
ウィラ
皆揃って褒めすぎね。普通の味じゃないの。
フィオナ
普通じゃないよ〜。お店以上に美味しい。
ウィラ
はいはい。ありがとねー。
フィオナ
もーッ、素直に喜びなさいよ〜。
〜〜〜
5人
ごちそうさまでした。
クロード
じゃあ、私は部屋に荷物を置いたら、行くね。
エミリー
はーい。
エマ
頑張ってなの!
クロード
うん。
フィオナ
ばいば~い
ウィラ
頑張れ!
クロード
うん。あ、ウィラ、お昼ご飯ありがとね。
ウィラ
いえいえ♪
〜〜〜
3話一気に投稿!
今まで、投稿せずに、ためててすみませんでした💦
次は準備開始です!
まだ全キャラの性格などを掴めてないので、出てくるキャラに偏りが出来るかもしれませんが、ご了承ください。
蜂蜜入りのホットミルク…飲みたいッ!
絶対に美味しいですよね……あぁ…飯テロだぁ…
では、見てくれてありがとうございました!