無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

試合【4】
ウーーー(全部の暗号機が上がった音
クロード
…………
(あー。どうしよ。痛いって言ってたなー。頭の中真っ白。
美智子
ターゲットチェンジは上手くいかはんかったから、通電してしもうた!
お嬢さん、お待ち〜
クロード
お、お姉さん、移動するの早いから、待つ必要ないと思いますッ!💦
美智子
おら、泣いてはるん?何がありましたの?
クロード
な、なんでもないです……
美智子
そんなん言われはっても……殴りにくいしなぁ…
クロード
あ、
美智子
あら、泣き止んだ。なら、失礼。
ゴーンゴン
〜〜〜
ノートン
開いたよ〜
マイク
どうする、どうする!引き分け?
ノートン
うんー…助けに行くには、リスクがでか過ぎる。
クロードさんが居る、小屋付近の椅子だと、レッドカーペットまで来るのには、危機一髪がないと……
マイク
そっか…じゃあ、出るしかないね。
「先に行くよ!」
ノートン
「先に行くよ!」
クロード
「ありがとう」
〜〜〜
美智子
なんやぁ…引き分けかぁ…
ルカ
お疲れ様〜
ノートン
ルカさん、ほんっとうにごめん!
ルカ
大丈夫、大丈夫〜
クロード
私も、すみません…
マイク
何も悪い事なんてないよ~
ノートン
美智子さん、今日調子悪かった?
美智子
ウグッ……な、何言ってはりますの!そ、そんな事ありまへん。せめて、引き分けにはしてあげるために、手抜いただけですわ
マイク
本当に〜?
美智子
ほんまです。そ、そんなに疑うのでしたら、もう1試合行きますか~?
ノートン
いや。遠慮しとくね。
マイク
同じく。
美智子
勝ちましたわ。
マイク
勝ち負けなんてありませーん
ノートン
せーん
美智子
なんですの!?
ルカ
まぁまぁ〜
クロード
じゃあ、そろそろ出ますか?
ルカ
あぁぁぁぁ……恐怖の一撃食らったから…めちゃくちゃ怖い…
クロード
あ、(忘れてた。)
マイク
え~い
ドンッ(背中を押す
2人
あ、
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ………
〜〜〜
エミリー
お疲れ様。
ルカ
痛いッ……痛いよぉ……(泣)
エミリー
……大人が泣きます?
ルカ
だって…電流とは違うじゃん…(泣)
エミリー
いや、普通は逆だけどね?電流流れても平気な方がおかしいんですよ?
ルカ
えッ…………でも~(泣)
〜〜〜
クロード
ッ………………
エマ
クロード…泣きたいなら泣いても大丈夫なの、エマもいつも泣いてるなの…
クロード
ウゥッ………
ウィラ
分かる…初めての時は、めっちゃ辛い…
フィオナ
慣れるまでだね~
エマ
な、慣れる…なの!?
フィオナ
いや、なんでエマが驚いてるのよ。
エマ
だって、慣れてないからなの…
ウィラ
まぁ、個人差はあるからさ、ね?
フィオナ
確かに~
クロード
ちょっとッ……タオルもら、える…?
ウィラ
あ、分かったわ……はい、どうぞ。
クロード
ありが、とうッ……
〜〜〜
マイク
ノートン!
ノートン
はい!
マイク
ノートン!!
ノートン
はい!!
マイク
ノートン!!!
ノートン
何ィィィ!
マイク
何もなーい♪
ノートン
おい💢
マイク
あははは
〜〜〜
無断で、休んでしまった……
すみません……
エセ京都弁。日本語おかしくなってるかも。
金曜日から、冬休みですので、出来たら投稿頻度を上げていきたいと思っています。
もうすぐ、今年も終わります。
あと、少しですので頑張りましょう!!
では、見てくれてありがとうございました!