無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

綺麗な……
ぬ)夜でっす!🌃
〜〜〜
クロード
………皆寝たかな?
まぁ、流石にね。今日、突き合わせちゃったし…
クロード
申し訳ないなぁ……
その分頑張ろ…(๑•̀ㅂ•́)و✧
クロード
………お庭ってこっちだよね?
〜ガチャッ〜
クロード
…うぅ………寒いか。
………戻るには、時間が惜しい…
クロード
我慢、我慢。
ウッ…ベンチも冷いなぁ…体育座りっと…
クロード
…………うわぁ!流石、森の奥。星が綺麗✨
……………
クロード
おっと。見惚れてちゃダメダメ。
仕事のデザイン終わらしとかなきゃ…
……………
〜ガチャッ〜
クロード
!?
(誰か来ちゃった……どうしよう…怒られるかな?)
???
あれ?ク、クロードさん?
クロード
あ、えっと………
イソップさんですよね…?
イソップ
あ、はい………
でも、こんなに寒いのにここで何を?
しかも、ブランケットも何もないのに…
クロード
あ、えっと……仕事用のデザインを終わらしとかなきゃ行けなくて……
どうせなら、外でやりたいなーって思いまして。
クロード
あ、けどここに来てブランケット持ってくるのを忘れている事に気づいて……
イソップ
取りに帰らなかったんですか?
クロード
あ、はい……(-_-;)
最初は、時間が惜しいからって思いましけど、よくよく考えたら、持って来てなかった………
イソップ
…………これ、使います?
クロード
え、そんな大丈夫。
それに、イソップさんのなんですから、ご自分で使ってください。
イソップ
隣に、女性がいるのに、温温と温まってるのは、違うじゃないですか…
クロード
確かに……そうですよね。
なら、2人で着ますか?
イソップ
えっ………クロードさんは大丈夫、なんですか?
クロード
私は、大丈夫ですよ(^^)
イソップ
大丈夫なら………失礼します……
クロード
…………あの、イソップさんって何か堅苦しいので、イソップ君でいいですか?
イソップ
あ…えっと、どうぞ…
お好きな呼び方で大丈夫ですよ………
クロード
ありがとうございます(^^)
イソップ
どうせなら、その敬語ものけてくれたら………
クロード
あ、そうだよね。
ごめんなさい…あっ…
イソップ
………何か、クロードさんと明日一緒に試合をするのが楽しみになってきました(^^)
クロード
えっ…明日、試合ある、の?
イソップ
まだ、聞いてなかったんですか?
クロード
うん…ところで、メンバーは誰ナ…?
クロード
………スンッ( ˙꒳​˙  )
イソップ
えっと……確か、
機械技師 トレイシー・レズニック
傭兵   ナワーブ・サベダー
それと納棺師の僕。デザイナーのクロードさんですよ。
あ、ハンターは、写真家のジョゼフおじ………さんです。
クロード
お、おじいちゃん…?
イソップ
あ、いえ。気にしないでください……
クロード
そ、そう……
あ、それと試合は何時ぐらいから始まるの?
イソップ
えっと…………すみません、忘れてしまいました。
部屋に戻って確認をして、その時間になりましたら、迎えに行きますね(^^)
クロード
あ、ありがとう(^^)
じゃあ、部屋で待ってるね。
イソップ
はい。あ、そろそろ部屋に戻りますね。
道具の準備があるので………
クロード
うん。あ、じゃあこれ。
私もすぐに戻るから、返しとくね。
ありがとう、暖かかったよ(^^)
イソップ
いえ…僕も、温まりました。
ありがとうございます。では、おやすみなさい。
クロード
おやすみなさい……
〜ガチャッ〜
クロード
…………眠くないなぁ…
〜〜〜
イライ
………僕の部屋の前の庭で…
それにしても、イソップ君が初対面の子と、あんなにスラスラと話せるとは…不思議。
〜〜〜
次は朝🌄
……イソップ君可愛いね( 'ω')(((
まぁ…お話してる内容の通り次は、試合ですね。あ、イソップ君とクロード以外のメンバーは、妹に決めてもらいました(((
サブの方も見てください。あ、苦手な人は、見なくて大丈夫だからね?うん。自分の好きなのを見てね!
それに、だんだんと見てくれてる人が増えてきている事に主は、涙が止まりません…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
最後まで見てくれて、ありがとうございます!