無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

準備開始
クロード
よしっ。荷物運び終わったけど、流石に早すぎるな…
只今の時刻 12:57
クロード
ちょっとデザインでも考えていようかな……
〜〜〜
クロード
今何時だろう…
1:28
クロード
やばッ……
〜〜〜
〜パーティー会場〜
クロード
遅くなりました………(ボソッ
???
あ、クロードさん。
クロード
あ、メリーさん、一緒に頑張りましょう。
メリー
頑張りましょう♪
???
あ!クロードさ〜ん!
クロード
ん?
ルカ
今日はよろしくね。
アンドルー
ちょ、ちょっと……(ルカに引っ張られてる)
クロード
ルカさん、アンドルーさん、よろしくお願いします。
アンドルー
よ、よろしくお願いします……
???
騒がしいね…
ルカ
あ、エドガー君。
エドガー
もう始まっているので早く済ましてしまいましょう。
アンドルー
早く終わるか……?
メリー
そうですね、こんなにも会場が広いので、それぞれ持ち場があっても良いかと…
クロード
と、とりあえず、ハンターさん達ともお話してから、決めたほうが……
エドガー
好きにしたら…
ルカ
ささ、行こ〜♪
エドガー
ちょ、ちょっと…(ルカに引っ張られてる)
アンドルー
ハアッ…従うしかないよ…(ルカに引っ張られてる)
〜〜〜
???
あ、サバイバーの子達だ。よろしくね~
???
私は演奏担当でいいじゃないですか。
???
サバイバー達は小さいから、高い所は私達がしてあげないと……
ルカ
今日は、よろしくお願いします。
クロード
よろしくお願いします…
アンドルー
よろしくお願いします………
エドガー
よろしくお願いします。
メリー
よろしくお願いします。
ガラテア
よろしくね、一緒に飾り付けをしましょう♪
オントニオ
よろしくお願いします。私、演奏係でも……
アン
よろしくお願いしますね、では、始めましょう。
クロード
あ、あの…
ルカ
………役割分担しませんか?その方が早いかと。
アン
そうですね、では、誰がどこを担当しますか?
オントニオ
私は演奏でもいいですよ?
ガラテア
じゃあ、アントニオさんは、机と椅子をお願いします。
オントニオ
……はい。
アン
では、私は食事の準備をしますね。誰か一緒に手伝ってくれますか?
メリー
では、私が手伝います。
アン
ありがとう。では、机の装飾などはどうしますか?
エドガー
なら僕が準備しましょう。あと、クロードさん、一緒に装飾の準備をしませんか?
クロード
え、私…ですか?
エドガー
はい、そうですけど。
クロード
でも何故?
エドガー
だって、色の組合せ方やバランス感覚などは、僕と貴方が1番優れているじゃないですか。
クロード
…は、はい、分かりました、では装飾の方を担当します……
ルカ
じゃあ僕は、テレビの準備と接続をしようか。
アン
そうですね…では、お願いします。
ガラテア
私とアンドルー君余ったけど、どうする?
アンドルー
え、あ、えっと………
アン
じゃあ、ガラテアちゃんは私とメリーさんと一緒に料理の準備をしましょう。
オントニオ
なら、アンドルーは私と一緒に机と椅子を運ぶのを手伝ってくれ。
アンドルー
あ、はい……分かりました…
クロード
あ、あの…担当が決まったのはいいんですが…ハンターさん2人足りないような気がするんですが………
〜〜〜
3話一気に投稿!
今まで、投稿せずに、ためててすみませんでした💦
もう1話投稿できたら、投稿します!
ハンターが2人足りないまま準備がスタートするのでしょうか………
荘園内ではまだ大晦日おおみそかですね…気にせず、読んでください…
では、見てくれてありがとうございました!