無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

似てないようで、似ている
クロード
えっと、私は……
クロード
…ちょっと先の未来を知りたい、かな。
イライ
分かった………では…
〜〜〜
イライ
っと言う事で、友達関係での問題が、少し先…もしかしたら、もう来るかもしれないね。この結果は“悪かった”けど、本当にこうなるとは限らないから、待ってみるしか、ないのかもしれない。
クロード
分かった…ありがとう、ございます。
エミリー
……………
エマ
大丈夫なの!クロードは、エマが守るなの♪
ウィラ
ふふ、そうね、皆で守りましょう。
クロード
ありがとう。
エミリー
じゃあ、もう解散しましょうか。
フィオナ
タロット占いも終わったしね。
エマ
じゃあ、おやすみなの〜
トレイシー
おやすみ~
おやすみ(なさい)。
〜〜〜
???
あ~あ、やっぱり好きになれないや。
〜〜〜
夜だよ。🌃
クロード
んー…眠れない……やっぱり、占いの事が気になっちゃうな…
クロード
友達関係での問題…この荘園の誰かだよね…まだ話したことない人かな?けど、友達って事は……ぅ~…考えたくない………
クロード
みんな優しいし、荘園内での問題は聞いた事がないからな………
クロード
………外の空気でも吸いに行こ。
〜中庭〜
クロード
ん?誰か居る…
???
おや?誰かいらっしゃいましたか?
クロード
えッ…あ、はい。
???
すみません。音で起こしてしまいましたか?
クロード
あ、いえ。なかなか眠れなくて、来ただけなので、大丈夫ですよ。
???
良かったです。あ、暗くて見えませんよね?
トンッ
クロード
(杖……?)
ヘレナ
これで見えますか?
クロード
あ、はい。ありがとうございます。えっと…
ヘレナ
ヘレナ・アダムスです。
クロード
アダムスさん……私はクロードです。
…あの、なんで杖を持ってるんですか?
ヘレナ
あ、これですか?私、目が見えないんですよ。なので、いつも持ち歩いているんです。
クロード
あ、なんか、すみません…
ヘレナ
いえいえ、大丈夫ですよ。ここに来る前からずっと聞かれてきた事なので、慣れっこです。
クロード
ッ………アダムスさんは、
ヘレナ
ヘレナで大丈夫ですよ。
クロード
では、ヘレナさんは、こんな時間になんで外に居るんですか?
ヘレナ
私、目が見えないのでそれだけ他の人よりも、体力がないんです。感覚はすぐれているんですがねか
ヘレナ
なので、試合で皆さんに迷惑をかけてしまったりして、負けてしまう事がよくあるんです。
ヘレナ
それで私、少し悩んでしまいまして……
気分転換に、夜の空気を吸いに来たんです。
クロード
あ、あの
ヘレナ
あ、大丈夫ですよ。その分、自分に出来る事を頑張ろうと思っているので。
ヘレナ
では、私は失礼さしてもらいますね。
クロード
あ、おやすみなさい。
ヘレナ
おやすみなさい。あ、クロードさんがお気になさらなくて大丈夫ですからね。どうか、忘れてください。では、
クロード
ッ…………
クロード
………皆、似てないようで、似てるのかな?
〜〜〜
主の第5人格の自慢話に興味のある方は、寄り道をせず、『Lemon🍋の部屋』へGO⇨
心眼ちゃんの初登場がこれで良いのか……???
ちょっと心配だが…皆が優しいって知ってるから、このままでいいんだと思います(?)
次は、朝からのスタートです。
では、見てくれてありがとうございます!