無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
75
2018/07/14

第1話

1話
これは僕の中学3年間の部活での話


僕は、運動音痴に加え性格もおっとり?というか争いごとが嫌いだから運動部には向いてなかった。
けどそんな僕に機転がおきた、それは中学1年の時の部活動見学の時だった。なるべく楽そうな部活に入ろうと思い文芸部に入った。そして2、3日がたった、急に部室のドアが開いた。そこには、剣道着姿の夏(小学校の友達)と誰かわからないオッサンが立っていた。部活の勧誘だったちょうどお試し期間だったし、文芸部の部員が多く剣道部の部員が少ないので納得がいく。

オッサン「剣道部の1年男子が夏1人だから男子入ってくれないか」

みたいなことを言った、僕は剣道部いいんじゃね?みたいなことを思ってあんまり聞いていなかった。そして剣道部の見学に行った…
凄かった、思った以上にかっこよくて僕は入部してしまった。あんなことになるとも知らずに…