無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

90
2021/05/29

第4話

家族パロ
ザワザワとした会場が司会の人の一声で一斉にシーンと静まった。舞台の幕が少しずつ開いて、俺からようやく観客席がよく見える。席は満席、観客の視線が俺や舞台に立つ仲間たちに向けられる______
拍手・歓声が会場に響き渡った
如月 ジェル
おつかれ〜
俺の一言で部員が「お疲れ様です」と声を返してくれる。俺は着ていた衣装を着替え、控え室に座った

ガチャ
シュウ
おつかれジェル
如月 ジェル
ッ…シュウ兄!?
いきなり扉が開き、驚いたものの、その人物の顔を見て少し安心した。

シュウ兄
俺のいとこのお兄ちゃんで、俺の1番の理解者だ。

シュウ
今日も良かったぞ。
頭をワサワサと撫でられる度に少しずつ自分の顔が赤くなっていく。ここが部員全員の控え室じゃなくて良かった…
如月 ジェル
シュウ兄長い…もう高校生やで!…子供扱いしやんといて
シュウ
悪ぃ悪ぃ‪w
ゆっくりとシュウ兄の手が頭から離れる。せっかく綺麗にした髪がかなり乱れてしまった
シュウ
にしても…お前ももう高校3年か…あんなに小さかったジェルが…
如月 ジェル
やめてや///マジで恥ずかしい…
シュウ
お前はほんとに変わらんな
如月 ジェル
うっせッ
シュウ
‪w‪w‪w‪w‪w‪w
楽しい…

俺は髪を整えながらシュウ兄が笑っているのを横目で見ていた
如月 ジェル
それよりええんか?こんな所居って。下の子幼稚園のお迎えやないん?
シュウ
ッ…やべ!!!
時計をみてやっと気づいたのかいきなり焦りだしたシュウ兄を見てさっきの仕返しに少し笑ってやる

シュウ兄は5人の子供を育てるシングルファーザーだ。奥さんは1番下の子を産んだ時になくなってしまった。
如月 ジェル
はよ行ったりや。子供心配しとんで?
シュウ
そうだな…俺行くわ。今度引退祝いしてやる。久しぶりに家来いよ
如月 ジェル
うん、またな
俺は出ていくシュウ兄を途中まで見送り手を振った

「また今度」

こんな言葉を信じて。俺は久しぶりにシュウ兄の息子に会えるのを楽しみにしながら