無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
1,089
2022/05/11 02:54
病院に着く
りうら
りうら
アニキはっ!?
if
if
あ…
ないこ
ないこ
りうら…
りうら
りうら
アニキは…
if
if
危ない状態…だって…
りうら
りうら
そんな…
ないこ
ないこ
ほとけと初兎は?
りうら
りうら
それが…しょにだが…
プルプル
りうら
りうら
あっ、
ピッ
りうら
りうら
ほとけっち!着いた!?
ほとけ
ほとけ
うんっ…
りうら
りうら
どこ!?
ほとけ
ほとけ
〇〇号室…
りうら
りうら
わかった…
ピッ
ないこ
ないこ
え…?どういうこと…
りうら
りうら
しょにだが…誰かに刺されて…今ここの〇〇号室にいるって…
if
if
え…?
ないこ
ないこ
は…?初兎ちゃんが…?
if
if
なんで初兎も…
初兎の病室に行く
ほとけ
ほとけ
りうちゃ…みんなっ…!
ないこ
ないこ
っ…初兎ちゃ…
if
if
初兎…アニキ…なんでっ…
ほとけ
ほとけ
え…?アニキ…?アニキになんかあったの…?
ないこ
ないこ
実は…(アニキのことを話す
ほとけ
ほとけ
え…?なんでっ…なんでっ…
ないこ
ないこ
あのさ…みんな…
if
if
ん?
ないこ
ないこ
いや、なんでもない…
りうら
りうら
ないこ
ないこ
それでほとけっち、初兎ちゃんの状態は…?
ほとけ
ほとけ
危ないって…起きること…ないかもしれないって…(泣く
if
if
っ…
ピコンッ
ないこ
ないこ
ん…?(見る
っ!?
医者
医者
すみません、お見舞いの方はそろそろ…
りうら
りうら
わかりました…
ないこ
ないこ
みんな、またね…
ほとけ
ほとけ
うん…
if
if
また明日な…
















次の日

いれいすLINEのグループ電話

プルプル
りうら
りうら
もしもし?
ないこ
ないこ
いふまろ、どうしたの?
if
if
その…さっき病院から電話かかってきて…
ほとけ
ほとけ
うん…
if
if
アニキが…死んだって…
りうら
りうら
え…?
ないこ
ないこ
っ…!
ほとけ
ほとけ
うそ…うそ…
if
if
初兎の病室で、集合…
ないこ
ないこ
わかった…

電話が終わる




嘘だ…アニキが死ぬなんて嘘だ…

プルプル
りうら
りうら
もしもし…
ないこ
ないこ
りうら、あのさ、俺今からお前のとこ行くから、それまで待っててほしい、家、出ないでほしい、変なこと言ってるのはわかってるんだけど…
りうら
りうら
わかった…ないちゃんのことだから、なんかあるんだろうし、でも、急いでね
ないこ
ないこ
うん、


ないちゃんどうしたんだろ…今物騒だからかな…


しばらくして

ピンポーン
りうら
りうら
ないちゃん!
ないこ
ないこ
よっ、ごめん遅くなった、
りうら
りうら
大丈夫だよー
ないこ
ないこ
じゃ、行くか、
りうら
りうら
うん、














しばらく歩く
ないこ
ないこ
え…?


りうらに向かって車が突っ込んでくる
ないこ
ないこ
りうらっ!(りうらに手を伸ばす
りうら
りうら
ないちゃん?どうし…えっ…?


ドンッッ
何が起こったのか、わからなかった、宙に浮いていた、
車に跳ねられたって気がいた俺が目にしたのは…
俺を引いた車を運転してる男、笑っていた…
そして俺に手を伸ばして、俺の名前を叫んでるないちゃん、
そして、ないちゃんを後ろから刺そうとしている黒い男
りうら
りうら
ない…ちゃっ…!
俺は地面に打ち付けられた、痛かった、意識が朦朧としてきた…
気を失う前に見えたのは、黒い服の奴に刺されて、血を流しながら、倒れた…ないちゃんだった…
みぃり
みぃり
かなり出すの遅れました…すみません…
初兎
初兎
はいはい、で、次は?
みぃり
みぃり
え、なんか早くね?もう少し話してから…
初兎
初兎
話すより先に出す方が先やろ、
みぃり
みぃり
あっ、たしかに、次は⭐40💗13で出します!
初兎
初兎
じゃあおついれー
みぃり
みぃり
おつみり!






次回⭐40💗13