無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7🔞




















ズブズブッ
u
u
イタッ
정한
정한
すぐッ気持ちよく…ンッなるから










































最初から激しく腰を動かすジョンハン












私は皆に聞こえないように必死に手で口を抑える。
정한
정한
ッ…なんで口抑えるの
u
u
皆に…ッ聞こえちゃ…アッう
정한
정한
いいじゃん























.
정한
정한
聞かせてあげようよ
정한
정한
俺とあなたがヤってる喘ぎ声を〝皆に〟








そう言って私の腰を抑えてた手は
私の腕を掴み手をベッドに押し付けた。










その抑えた勢いで奥に当たった







.
u
u
アッ…ンッ らめッ
정한
정한
いいよッ
イッても、あなたのイキ顔見たい




.
u
u
……ッ//////



そして奥に激しく突き付けた時

































u
u
ッ ンッ ァァァァァアアア!!!!!!!!!!!!
u
u
イクッイクッイッちゃうぅゥ!!



































ブシャッ
u
u
ッ……アァン…
私がイッた後も容赦なく激しく突いてくる。