無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13🔞
승철
승철
ジスッ 早くぅ…ッ





















スンチョルは媚薬のせいなのか息が荒く我慢できず




自分で腰を うねうね と動かしてる。
승철
승철
ンッ…ッハァハァ




























俺はまずアナルビーズを手にして









スンチョルの中に入れた。




















早く入れて欲しかったのか





穴がヒクヒクして一番最後のビーズまですぐ入った。
승철
승철
アァッ……ッ
お腹がぁ/////パンパンになってくッ






.
지수
지수
まだ入りそうだね ニヤッ











もう1つ アナルビーズをスンチョルの中に入れていく











승철
승철
ンッ ァアア!!!







2本目のビーズがあと4個ぐらいで全て入ろうとした







だんだん大きくなるビーズにつれて


スンチョルも気持ちよさそうであり苦しそうな顔をする。


































승철
승철
 あッあッ らめぇぇッ!!!!
승철
승철
もッう 入んないよォ











.
지수
지수
あと4個だよ?ニヤッ
승철
승철
ッ…

































俺は容赦なくビーズを一気に入れる


その快感に耐えているスンチョルは、








苦しい顔をして
俺の名前を呼んで見つめてくる…


























승철
승철
ジスヤッ!!!……////
지수
지수
ッ……/////