無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20🔞
석민
석민
ンッ……シュアッヒョン










そろそろ効いてきたかな
















지수
지수
『嫌』とか『やめて』とか言っても
やめないからね?
석민
석민
はいッ
지수
지수
ニヤッ



俺はソクミナの中に指を突っ込んだ。





クチュクチュ






석민
석민
アァッ…ッ


























媚薬のせいなのか







指の入る数が早い


















今はもう4本も入っている















もしかして……
지수
지수
ソクミナ…
석민
석민
ンッ…はッ…い
석민
석민
ッ…なんですか













.













지수
지수
俺とスンチョルの部屋
来る前に一人でヤッてた?
석민
석민
ッ…!!!







.








석민
석민
はい……僕 我慢できなくて…
だから…ッ…ァァァアアッッ










指をソクミナから抜く



















ソクミナはエビ反りにビクビク跳ねた


















지수
지수
ソクミナ 感度ヤバすぎ
석민
석민
び…媚薬飲んだから…ンッ






腰が麻痺してるうちにバイブを〝中〟にして入れた。

석민
석민
……アァッ





そして〝強〟にした。
석민
석민
アァァアアア" ンッ ッア ハァハァ





.










석민
석민
僕……もうイクゥゥッ









とソクミナがギリギリイク寸前でバイブを止めた。














석민
석민
えッ…なんでッ!!
僕……イキたいですゥッンッ
と言って自ら腰を動かしつつも
もう体力がないソクミナ

















『1人でどんだけ激しくしたんだ』




と思いながらも










バイブのスイッチをまた〝強〟で動かす。