無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15🔞
승철
승철
ジスヤ…ッウゥ
















震える声で俺を呼ぶから





咄嗟にスンチョルの顔を見ると





頬から一粒の涙が……




지수
지수
なんで、泣いてんの
승철
승철
お願い…グスッ
승철
승철
もう…ッ  イカせて…
지수
지수
あぁ〜 ニヤッ
지수
지수
もしかして空イキが辛くて
泣いちゃったの?






そう言って俺はスンチョルの涙を拭き取った。




승철
승철
もう限界…










限界と、嘆いてるスンチョル 。


승철
승철
…ッウァァア"ア"



今まで〝強〟にしていたバイブを




勢いよく抜いてビクビク跳ねる腰が落ち着いてから




コックリングをとった。

















ドロドロと溢れてくる液








そしてまた〝弱〟でバイブを入れる
승철
승철
こんなんじゃッ…気持ち良くイケない…
지수
지수
俺はスンチョルのお願いに従ったけど?
승철
승철
ッ……
지수
지수
〝コックリングをとって〟
としかお願い聞いてないよ?
지수
지수
〝気持ちよくイカせて〟なんて言った?
승철
승철
……ッ言ってない…
지수
지수
だよね ニヤッ
지수
지수
じゃあ詳しくして欲しいこと
言ってみな?





.

















승철
승철
ジスのもので気持ちよくイカせて…下さいッ…お願いッします ッンァア"ア"








































そうスンチョルが言い終わると同時に





俺のものはスンチョルの中に入った。







クチュクチュっとスンチョルの中の液が




部屋に響いた。
지수
지수
ッ…スンチョルの中ドロドロだね
승철
승철
ッ言わ…ンッアッッないで…//////






腰の動きを早くして スンチョルの弱いところを探す。































승철
승철
アッ そこ らめェ アッ アッ アッ




体がビクッ っと跳ね奥に当たる



俺が弱いところを突くたびに声が出るスンチョル




















何もかも 〝可愛く〟思えてきた。