無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6🔞
에스쿱스
에스쿱스
皆ー!!!!
降りてこーい


































.
정한
정한
チッ
u
u
ほ、ほら呼ばれてるじゃん 行こ?
정한
정한
無理





.
정한
정한
無視すればいい
u
u
で、でもッ

















.
정한
정한
チュッ
u
u
?!


.
정한
정한
うるさい


.
정한
정한
黙って





.
정한
정한
俺の言うこと従ってればいいんだよ


















私は着替えの途中で上半身 ブラジャー だけ



















































정한
정한
プチッ


器用に私のブラジャーのホックを外す
u
u
やッ
u
u
ダメッ







とっさに胸を腕で隠す
정한
정한
なんで隠すの
정한
정한
あなたの全て曝け出してよ












と言いながら私の腕を頭上に押さえつけた。










そう 〝丸見え〟 だ










私は恥ずかしさのあまり顔を横に背けた










でもそれを有利に首筋にまたキスマークをまた付けられた。
























そして、お腹 背中 首筋 胸周り 太もも 二の腕 腰
何ヶ所にも 〝キスマーク〟をつけられていく




u
u
ンッ
















.
정한
정한
今日 風呂入る時俺を思い出す?

































.
u
u
ッ…(//・_・//)カァ~…////


.
정한
정한
うわぁ…顔真っ赤
정한
정한
その顔 反則……/////













.
정한
정한
俺もう無理…我慢できない
u
u
ウソっ…ダメッ!!





……
u
u
私…まだ…(やったことない)…(の)…
정한
정한
嘘…/////
u
u
ッ…///
정한
정한
じゃあ俺があなたの処女を
終わらせてあげる
u
u
ヤッ…!!!!


































軽々とズボンと下着を脱がしてくる












ジョンハンも我慢できないのか






顔を赤く染めてベルトを外してズボンを脱いでいく